YouTubeチャンネル(ここをクリック)

ギルティクラウンが評価されない理由

今更ながら「ギルティクラウン」を3日かけて視聴しました。
(※ここからは若干ネタバレ入ります)
1920x1200xe8eff7749d2ddd39c6da31

聞いてたほど、悪い作品ではなかったように感じます。
一部で「糞アニメだった」などのレビューが目立つ理由を考えてみました。

◎BGMと作画が完璧すぎる
見た感じ、致命的に作画崩壊している場面もなく、とても綺麗なアニメでした。
My Dearest」や「The Everlasting Guilty Crown」などの曲も素晴らしいものでした。
もちろん視聴後、OPEDを2つとも買いました。

この完璧なBGMと作画によって、 悪目立ちしてしまったのが【脚本】。
それほど悪くはなかったのですが、若干展開が早かったので二期制で作れていたらもっとよかった。
このようなことで、BGMや作画と比べると見劣りしてしまうのかもしれませんね。

◎人気キャラを消しすぎた。
原作を見ていないのでわからないのですが、アニメは原作通りなのでしょう。(推測ですが)
原作通りなら仕方ないことなのですが、アニメ視聴後、色々なギルティクラウンの動画を見ました。
そこでは、「校条祭」「楪いのり」の名前ばかり出てきました。
img_5
2560x1600x8fb0b74678bce30a0a0cd8

二人とも人気キャラであるのにも関わらず、最終的に生き残ることが出来ていません。
その代わり、ヘイトを集め続けた缶切り君は生き残るという展開。
これを見て、脚本が嫌いという人が多いのかもしれません。

私的には、「プラスティック・メモリーズ」に似たような感動ものだったので、
心が痛みましたが、見て後悔することはなかったですね。
視聴して良かったと思いました。
1258x710x2c0275ad0e850dd755f0e7d

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA