Push7の新着通知を一時的に停止しています

スウェーデンが徴兵制を復活させる本当の理由

スウェーデンがロシアの脅威がせまってきているので、徴兵制を始めるようです。
1
スウェーデンというと、有名なサッカー選手「イブラヒモビッチ」がいましたね。
あと、オーロラが綺麗で美男美女が多い国です。
私もスウェーデンで生まれれば、美男子になれたかも(無理)

そんな平和そうな国が徴兵制を復活させるようです。
2010年くらいに1度、徴兵制は廃止されました。
理由は、「国の治安がよかったから」らしいです。

でも今回、ロシアがバルト海付近で軍事演習や兵器配備を強めてるということで、
徴兵制の復活したらしいです。恐ロシア。
1999年以降の男女が対象らしいです。ギリギリ私はセーフ。

本題ですが、私は今回の徴兵制復活はロシアのせいじゃないと思うんですよ。
別にロシアの肩を持つわけじゃないですけど、他にも理由があると思うんです。

私が考えるのは、「難民問題」だと思うんです。
理由としては、一度廃止したときの理由が「国内治安」によるものです。
難民問題で治安が悪化したのが理由だと思います。

ヨーロッパの難民問題は深刻らしいです。
何年か前の大晦日に、ドイツのケルンの教会前で暴行事件がありましたね。
多くのドイツの女性が集団強盗・強姦(レイプ)被害にあったそうです。
実際の動画を見た時は、リアルな悲鳴がすごく怖かった。

スウェーデンは、「難民に優しい国」と有名で、
ヨーロッパで一番多く難民を受け入れています。
それが原因で治安も悪くなってしまったのでしょう。

◎まとめ
ロシアの影響もあるとは思いますが、一番の原因は「難民問題」でしょう。
スウェーデンには、国内治安の改善に力を入れてほしいです。

少し残念なところは、今回でアイスランド以外の北欧国が徴兵制を取り組むことになります。
理由は何であれ安全のために、軍隊を持たなければいけなくなるのは、悲しいことですね。

人生で一度北欧に行って、オーロラを見たいと思っているので、
スウェーデンの皆さん、がんばってください。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください