ゲーム実況チャンネルはここをクリック

高校で受けた「倫理」という社会科科目をもう一度学びたいと思った

倫理 科目 宗教

こんにちは、サインゼロ(@sine_zero)です。

今日は、私が最近学びたいと思っている学問「倫理」についてのお話です。

「『倫理』とは何ぞや?」と思う方にもわかりやすく紹介していきます。

「倫理」とは?

「倫理」とは、主に高等教育の社会科(公民科)で学ぶことができる科目です。

私自身、初めて「倫理」に出会ったのは、高校生の時でした。

どんな科目なのか

簡単に言うと、ものごとの考え方を学ぶ学問です。

古代から現代にかけて伝えられてきた思想を哲学的に考えていきます。

有名な思想の中には、宗教なども含まれています。

若干、オカルトチックな感じがしますよね。

倫理は受験に有利な科目

私が大学受験の勉強を行っていたときの社会科科目は、以下の通りでした。

  • 世界史
  • 日本史
  • 政治経済
  • 現代社会
  • 倫理
  • 地理

私が選べる選択肢は、上記の6つでした。(倫理政経というのもあるらしいですが)

志望大学は、理系だったので、ガチ暗記科目で勝負することにしました。

そうなった時にまず選択史から外れるのは、「世界史」と「日本史」です。

理由は、馴染みやすい科目ではあるものの、出題範囲が広く暗記量が多いので、理系ではありえません。

次に外れたのは、「政治経済」と「現代社会」です。

これらの理由は、授業で勉強したことがなかったので、受験のために一から勉強するのは、効率が悪いからです。

最終的に残った「倫理」と「地理」で、暗記要素が多い「倫理」を選ぶことになりました。

「倫理」を選んだのは結果として正解で、非常に馴染みにくい単語が多いものの、出題範囲が限られており、暗記以外にやることがないので、理系大学受験者にはオススメしたいです。

今回の「学びなおしたい」という話にどうつながるかというと、結局受験の時に勉強したけど、暗記科目としか捉えていなかったため、あまり単語の意味や思想について深く学んでいないということです。

どうやって学びなおす?

さて、本題です。

「どうやって学びなおそうかな?」と考えたのですが、やはり高校の教科書を引っ張り出すのが一番かなと思います。

しかし、問題がありまして。

おそらく高校の倫理の教科書は実家の段ボールの中にあると思うんですよね。。。(こんな気になると思わなかったので)

ということなので、とりあえず、倫理が学べそうな本を買ってみることにしました。

買った本

今回倫理を学びなおすにあたって、買った本というのがこちら。

著者「チェーザレ・ボネサーナ・ベッカリーア」の「犯罪と刑罰」という本です。

何となく岩波文庫の本って、こんな感じに思想を絡めた法律や政治的な本が多いイメージなので、とりあえずこの本を買って読んでみることにします。

軽く立ち読みをしたのですが、少し読みにくい感じの文章でしたが、じっくり読めば問題ない感じです。

これを読み終わったら、次は「民主主義の本質と価値」を読んでみたいなと思いました。

これらの本を読んでる間に、そのうち実家に帰る予定もできると思うので、その時は倫理の教科書を読みたいと思います。

まとめ

あまり高校の勉強を学びなおしたいと思うことはないのですが、なぜか急に倫理を学びなおしたくなった今日この頃でした。

元々、理系のくせに社会科目が好きなので、何かアンテナに引っかかるものがあったのかもしれません。

学ぶことで新たな考え方を身に着けることができるといいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA