YouTubeチャンネル(ここをクリック)

【COD:WW2】「GREASE GUN」の強さと性能、立ち回り方法を解説します。

COD:WW2武器紹介シリーズ第二回目です。

今回紹介していく武器はこちら!

GREASE GUN」です。

※画像は、拾ってきたものなので、北米版の画面ですね。

 

「GREASE GUN」の概要と基本性能

第二次世界大戦でアメリカ合衆国が使っていた短機関銃です。

基本性能

弾数 30/90
威力 普通
射程距離 普通
命中率 高い
連射速度 遅い

 

師団「空挺部隊」をアンロックすると、初期武器でアンロックされます。

どこを取っても平凡な武器です。

反動が少なく、初心者でも扱いやすい武器ですね。

 

「GREASE GUN」を使用するメリット

前述した通り、反動がほぼないです。

撃ち合い時に被弾すると、多少跳ね上がりますが、

それ以外だとフルバーストしても狙い通り弾が当たるでしょう。

 

サブマシンガンの中でも平凡中の平凡なので、汎用性が高いですね。

 

「GREASE GUN」を対策したい場合

平凡な上に、連射速度が他のサブマシンガンより遅めに設定されています。

レートの速い武器や至近距離の戦いは苦手です。

 

ショットガンや他のサブマシンガンを使えば勝ちやすくなります。

 

「GREASE GUN」での立ち回り方法

プレイ動画にて紹介しています。

マップによりますが、

今回は、敵と撃ち合うために好戦的に立ち回りました。

 

反動が少ないので、中距離でもある程度は、勝つことができます。

出会いがしら等の至近距離で打ち勝つのは少し難しいので、

クリアリングはしっかりした方がいいですね。

 

グリップを付けると、より反動が抑えられて使いやすくなりそうです。

サイトが見にくいので、リフレックス等を付けるのも良さそうです。

 

まとめ

GREASE GUN」の紹介は、いかがでしたでしょうか?

この武器は、扱いやすいので使ってる人も多いでは?と思います。

 

次は、百式辺りを紹介出来たら、いいかなと思います。

 

前回の「PPSH-41」どうぞ↓

【COD:WW2】「PPSH-41」の強さと性能、立ち回り方法を解説します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA