【2018年版】インフルエンザの症状やワクチンが足りないって本当?

 

もうすっかり冬になり、インフルエンザが流行りやすい時期になりました。

皆さんは、ワクチンの予防接種をしましたか?

 

今年は、ワクチンの数が足りなくなることがあるそうなので、

早めに病院に予約して、受けた方がいいと思います。

 

インフルエンザは、どのような症状?

 

インフルエンザの大きな症状には

 

・くしゃみや咳

・鼻水

・頭痛や関節痛や筋肉痛

・喉の痛み

・寒気・震え

・体のだるさ

高熱

 

これらの症状が挙げられます。

 

インフルエンザと風邪の違いは、2つあります。

風邪は「急性上気道炎」とも呼ばれていて、鼻や喉に起きる症状です。

 

しかし、インフルエンザは、関節痛筋肉痛を引き起こすことから、

身体全身に症状が起こります。

 

もう一つの症状の違いとしては、熱の上がり方です。

風邪は緩やかに熱が上がりますが、

インフルエンザは、急激な高熱(38℃以上)を引き起こします。

 

急な高熱で関節痛が起きたら、インフルエンザはを疑った方がいいと思います。

 

ワクチンが足りてないって本当?

今年のインフルエンザのワクチンが足りないという話を聞きました。

これは、本当なのでしょうか?

 

インフルエンザワクチンの供給が例年より遅れており、各地の医療機関でワクチンの不足が生じている。東京保険医協会の調査では6割以上の医師が「不足」と回答した。一部の自治体では、高齢者対象のワクチン費用の公費助成期間を延長する動きもある。

http://www.asahi.com/articles/ASKC67450KC6ULBJ00S.html

 

ワクチンが不足しているというのは、本当のようですね。

原因を調べてみたところ、

厚生労働省が今年使用するワクチンの種類を製造過程で変更したことが要因のようです。

 

そのため、13歳以上の方が2回ワクチンを打つことを控えるように

という通知も出ているのだとか。

 

一応、12月になれば、ワクチンは十分に補充されると言われていますが、

地域によって差が出てると思われます。

 

実際、私は先週予防接種に行き、看護師さんに尋ねてみましたが、

ギリギリ足りている状態で、予約しても断るケースがあった

らしいです。

 

受験を控えた学生や就活を控えている就活生は、ぜひとも打っておきたいですね。

 

インフルエンザの予防

ワクチンが打てなかったり、打つまでの期間でインフルエンザにかからないためにも、

自分でインフルエンザ予防をする必要があります。

 

・うがい手洗いを徹底する。

・部屋を乾燥させない

・バランスの取れた健康管理

出かけるときマスクをする

人ごみに行かない

 

この4つを完璧にこなすと、ほぼほぼ感染しません。

この中でも人ごみに行かないというのは、本当に大事だと思います。

 

受験生や就活生は、年始の福袋なんて買いに行くと、

後々、辛いことになるので、やめておきましょう。

 

出かけるときのマスクもかなり効果的で、

飛沫感染を防ぐだけでなく、外の冷気で気道を冷やしにくくできるので、

風邪の予防にも最適です。

 

まとめ

久しぶりに真面目な記事を書きました。

自分で調べたり、書いたりすることで、自分への見直しもできました。

 

私は、ここ5年くらいインフルエンザにかかっていません。

予防の項目でも書いた内容がとても大事で、予防を徹底し始めてから

インフルエンザになりにくくなったと思います。

 

受験生や就活生の皆さん、大事な時期なので、インフルエンザには気を付けましょう。

最新動画

活動リンク

YouTubeチャンネル

ブログの動画アーカイブがあります

ツイキャス

最近はほぼ毎日DBD配信しています。

Twitter サインゼロ(@sine_zero)

ブログの最新状況等が随時更新

Instagram サインゼロ(@hyok_ideal)

グルメを中心とした写真を投稿します。

Pixivアカウント

少しずつ絵を描いてます

ニコニココミュニティ

気まぐれで配信をしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA