ゲーム実況YouTubeチャンネル

YouTubeの低評価を気にする人へ、落ち込まずに評価へ向き合う方法

YouTube 低評価 影響

こんにちは、サインゼロ(@sine_zero)です。

2019年からユーチューバーに仲間入り?した私が感じた「低評価機能」についてのお話です。

YouTubeには、動画を評価する機能に「高評価」と「低評価」という評価制度があり、動画の良さ悪さを判定することができます。

多くのユーチューバーは、(精神的に)その影響を受けています。

低評価の影響

動画を低評価された時の影響は、以下のようなものがあります。

  • 動画投稿のモチベーションが下がる or 落ち込む
  • 広告単価が下がる?

上記のような影響があるらしいのですが、後者の広告について、私は語ることができません。

私は広告が表示されていないので、単価についてはよくわかりませんでした。

しかし、前者の「動画投稿のモチベーションが下がる or 落ち込む」という影響については、語ることができそうなのでお話します。

動画投稿のモチベーションが下がる or 落ち込む

低評価を押されると、動画のモチベーションが下がるまたは気分が落ち込むというユーチューバーは結構いるのではないでしょうか?

この記事を読んでいる方にもいらっしゃいませんか?

自分が受けると思って作った動画が「良い出来ではない」と評価されたら落ち込みますよね。

私もよく低評価を押されていました。

YouTube 低評価しかない

以前の動画で、現在も3000再生くらいある動画がこんな感じ↑で低評価のみ押されて動画が現在でもあります。

正直上記の評価がされた動画は、自分でも出来の悪い動画だったので、反省しています。

こういう動画を抜きにしても、自分では上手く作ったつもりの動画でも高評価より低評価の方が多い動画は多々あります。(低評価動画の詳細が気になる方はチャンネルを見てください)

これらの評価によって、自分も精神的に影響を受ける時期がありました。

しかし、考え方を変えることで、特に気にしなくなりました。

低評価に対する正しい向き合い方

私が考えるYouTubeの低評価に対する正しい向き合い方を教えます。

悩めるユーチューバーの皆さんの参考になれば幸いです。

評価をそもそも見ない

これが一番楽な方法です。

そもそも自分の動画の評価を見ないようにすれば、良いです。

評価を見てしまう人のほとんどは、動画詳細欄などを編集する「YouTubeStudio」の動画管理ページなどを見て、動画の再生回数やコメント、評価を見ています。

その時に、たまたま目に入った評価のパーセンテージを見て、落ち込んでしまうだと思います。(経験談)

そもそも動画をアップした後は、自分の動画を二度と見ないようにすればいいと思います。

これが一番確実な方法です。

しかし、それが自分や自分のチャンネルの成長に繋がるかと言われれば、言わずもがなですね。

評価を目標にしない

動画をアップする人にありがちな失敗に「他人から評価されたい」というものがあります。

正直、私も動画投稿をして、ちやほやされたいと思っていた時期がありました。

そんな幻想を抱いて、動画投稿をした後に低評価を付けられると、当然落ち込むはずです。

そもそも他人から評価されることは、とても難しいことです。

よほど笑いのセンスがある方や元々他の分野で活動されている方でないと、いきなり高い評価なんてされません。

なので、もし動画投稿を始めたばかりの方は、評価を第一目標にせず、他の目標を立てて動画投稿をしてみるといいと思います。

「毎日投稿を目標にする」とか「ゲームを1ヵ月に1本クリアする実況シリーズを作る」とかです。

そうすると、あまり評価を気にならなくなります。(というか気にする余裕がなくなる)

ちなみに私の今の目標は、チャンネル登録者数を1000人にすることです。(前回の目標「チャンネル登録者数100人」を達成したので)

評価してくれる人に目を向ける

動画投稿していく中で一番大事な部分かもしれません。

低評価をする人より高評価をしてくれる人に目を向けた方が自分の精神的にも視聴してくれる方にもいいということです。

もちろん低評価をしてくれる方にも「前の動画はよかった!今回の動画の出来はなんなんだ!!」という鼓舞する意味で、低評価を付ける方もいるかもしれません。

でも、低評価を付ける多くの方は、アンチだったり、自分に興味のない通りすがりの方です。

そのような方々を相手をする暇があったら、自分を応援してくれる方に目を向けるべきです。

「自分の動画にコメントを頂いたら、その都度しっかり返答する」

落ち込む前にそういう行動を優先すべきだと思います。

どんなことでもそうですが、低評価などのマイナスの声というのは、プラスの声よりも大きく聞こえたり、見えたりするものです。

クリエイティブな活動をしていくなら、プラスの声に優先して答えて自分の成長につなげていくべきだと私は思います。

まとめ

チャンネル登録者数236人(2019/5/7現在)という弱小チャンネルの割に偉そうなことを語りました。

でもチャンネル登録者数の多さ少なさに関係なく、悩める事象だと思ったので、お話させていただきました。

低評価に悩んでいるユーチューバーの皆さん、今一度自分の動画投稿に対ついて考えてみませんか?