ゲーム実況チャンネル

【レビュー】BenQ様からスクリーンバー(モニター掛け式ライト)をいただきました!

ゲーマー 神アイテム

こんにちは、サインゼロ(@sine_zero)です。

今回は、 BenQコーポレーション(台湾)様より「BenQ Screenbar」を頂いたので、レビューさせていただきます。

ゲーマーの私がゲーミング環境を整える上で、お世辞や忖度抜きにとてもいい商品でした。

まずは開封してみた

とりあえず、皆さんが見たいのは中身だと思いますので、開封してみました。

箱から開けると、こんな感じで3つのパーツが入っています。

パーツが当てはめてある灰色の紙には、パーツの説明が書かれています。(中国語です)

一応念のため、どんなパーツが入っているかを説明しておくと、

  • スクリーンバー本体の照明(ランプ)
  • 液晶に取り付けるための支え(クリップ)
  • 電力供給用のUSB(パワーケーブル)

説明に中国語の他にも英語があったので、翻訳すると上記のようなパーツ説明になります。

シンプルなパーツ構成で、ドライバーなどの工具を必要としないので、手軽に組み立てが可能です。

実際にモニターに設置してみた

モニター スクリーンバー

取り付けてみると、上の画像のような感じになります。(遠巻きの全体画像は後ほど)

本体照明の上部にタッチ式のボタンが付いており、その説明も箱に書いてありました。

ボタンの順番は、右から以下の通りです。

  • 電源
  • 自動調光
  • 色温調整
  • マニュアル調光

4つのボタンで細かく照明を調整できます。

中でもすごいのが「自動調光」という機能で、部屋の明るさに合わせて照明を調整してくれます。

どのように調整しているかというと、真ん中のクリップと色温調整ボタンの間の上部にあるライトセンサーで明るさを検知しています。

自分の目の負担を考慮して安全で優しい明るさに調整してくれるあたりさすがです。(てかモニター汚くて申し訳ない)

明るさはどんな感じなのか

実際にどんな感じの明るさになるかを証明しておきます。(照明だけに)

上の画像が部屋の照明を消し、スクリーンバーを消灯しています。

大学時代はお金がなかったので、よくこの状態でブログを書いていました。(今考えると絶対目が悪くなる)

では、照明をつけてみましょう。

照明を付けてみると、上の2枚の画像のようになります。(画像をタッチすると拡大されます)

わかりにくいかもしれませんが、左がオレンジっぽい調光で右が白色調光です。

部屋の照明はつけていないのですが、さっきと比べてめちゃくちゃ明るくなりましたよね。

オレンジ照明がとてもいい色合いをしていて、個人的に好きです。

さっきの暗い状態で長時間液晶を見ていると、どうしても目が疲れてしまいます。

ですがこのスクリーンバーを使えば、目を痛めることなく、長時間夜通しゲームができそうです。

それにこれがあれば、夜の読書用照明にも使えそうですし、パソコン周りで作業する人にも良さそうです。

(BenQモニターを検証で使っているあたり、、、できる男ですよね。。。このモニターもオススメです↓)

今さらですけど、スクリーンバーの使用用途とは?

さっきまでは、買うか迷っている用の内容でした。

ここからは、「そもそもスクリーンバーとは何ぞや?」という方向けにお話します。

語ると長くなるのですが、まずオンラインゲームの話を先にしましょう。

昨今オンラインゲームが徐々に流行ってきているのは、知っていますか?

このブログを見ている方は、ゲーマーの方が多いので、知ってる方が多いかもしれません。

「PUBG」「LOL」「APEX」「DBD」「R6S」などいろいろなゲームが流行ってます。

それに加えて、ゲームの大会なども開かれるようになり、選手として活躍する方も増えてきていますね。

そういう文化が流行るにつれて、ゲームの長時間化が一般化してきています。

私も休日ゲーム連続10時間とかやっちゃうタイプなので、この流れは理解しています。

ゲーム界隈が盛り上がることは、とても良いことですし、ゲームにもメリットがあります。

  • ゲーム内でコミュニケーションを楽しむことができ、 共通の話題で友達ができやすい。
  • 微妙なタイミングやスピードでボタンを操作する動作で脳が活性化される。

このような利点がある一方、やはり問題視される部分もあるわけで、その1つに「健康」という部分があります。

  • 寝不足
  • 視力の低下

このような健康への影響が問題視されています。

健康状態が悪くなると、ゲームプレイの質にも影響してくるので、後々全てに良くない影響をもたらします。

そこで今回紹介したのが、このスクリーンバーというわけです。

目に優しい照明で、目に負担をかけないゲーマーにとっての神アイテムになること間違いなしです。

注意点

この商品を購入するときは、しっかりBenQ様が提供している商品を購入しましょう。

Amazon等では、某国が販売しているニセモノ商品がたまにあるそうです。

購入される際は、販売店をご確認の上ご購入ください。

と、担当の方がおっしゃっていました。

まとめ

今回の記事は、こんな感じの内容です。

ほんと目を酷使する生活をしている私のような人間には、もってこいの商品でした。

これでいっそのこと、ゲームライフを楽しんでいけそうです。

ぜひ、みなさんも買ってみてくださいね!

最後にBenQ様、とてもいい商品をご提供いただき本当にありがとうございました。

次もお待ちしております!!!!!!

紹介した商品は、こちらで購入できます。

AMAZON

ScreenBar e-Reading Lamp モニター掛け式ライト¥11,900