板タブを買うか?液タブを買うか?メリットとデメリットを比較してみた。

先日、長いこと使っていた板タブ

Intuos Comic Sサイズ 【旧型番】2015年1月モデル CTH-480/S3

コイツがですね。よくわからない動作をし始めて、動作不良を起こすようになりました。

なので、1代目ペンタブを卒業ということで新しい物を買うことにしました。

 

同じモデルでも良いと思ったのですが、お金に余裕があるのでグレードアップしようかと。

そういうお話でございます。

 

私がペンタブ選びで迷ってることがありまして、

板タブを買うか、液タブを買うか

この選択です。

 

板タブを今まで使ってきたので、板タブでもよかったのですが、

先日、某家電量販店で液タブを見つけて描いてみたところ・・・

 

めっちゃ描きやすいやん。

 

ということがありまして。

思い切って液タブにしようかなっと。

 

そこで、板タブと液タブの違いやメリット、デメリットを調べてみることにしました。

 

◎板タブのメリット

・価格が安い。

・ラグが全くない。

・手元が隠れない。

・無線でも使用できる。

 

一番のメリットは、価格が安価なこと。

1~3万円程度のものがほとんどです。

板タブの仮候補で買おうとしているのが、

 

↑こちらの 「Intuos Proシリーズ」の板タブです。

価格は、3.5万円前後

Wacom(ワコム)の板タブは他社の板タブより高価になりますが、

多くのユーザーが使用しているため、信用性がありますので、失敗はないと思います。

 

板タブは、描く際に起こる遅延が全くないと言われています。

私が液タブを試用した際には、あまり感じませんでしたが、

液タブには、若干の描写ラグがあるそうです。

 

手元が隠れないというのは、描く画面を別モニターに表示するため、

板タブ上での手元の配置が絵に影響しないということです。

 

無線での使用ができるのは、板タブの強みです。

配線で場所を気にすることなく、描くことに集中することが出来ます。

 

◎板タブのデメリット

・アナログ絵との描く感覚の違い

 

これは、初めて板タブを買ったときに思いました。

板タブ上に描いた絵が表示されるわけじゃないので、

前のモニターを見ながら、手元の板タブに描くという違和感。

 

だいぶ慣れましたが、細かい線を描く時には、未だに何度も描きなおしたりします。

 

◎液タブのメリット

・アナログ絵の描き方と同じ

・直感で描ける

 

実際に画面上に絵を表示しながら描くことが出来るので、

アナログ絵をやっている方からすると、かなりとっつきやすい。

 

表示された絵に直接描き入れることが出来るので、

違和感なく書くことができ、描くスピードが速くなると思われます。

 

◎液タブのデメリット

・価格が高い

・ラグが発生する

・身体への負担

・配線が場所を取る

 

板タブよりかなり価格が高くなります。

液タブの仮候補で買おうとしてるのが、

 

↑こちら「Cintiqシリーズ」です。

価格は、8万円弱

板タブの2~3倍近くします。

+保護フィルム等を買うと、8万円は超えますね。少々高い。

 

液タブは、ラグが発生するらしい。

板タブの紹介で前述した通りですが、私はあまり気にならなかったので、

ほぼ考えなくても良いと思います。

 

身体への負担が少しばかりあるそうです。

姿勢が固定されるから肩や腰がこりやすくなるんだとか。

あまり長時間には向いていないようです。

 

板タブとは違って、無線にすることが出来ません。

なので、液タブ用のスペースを空け、固定する形になるでしょう。

 

◎まとめ

とりあえず、いろいろ調べてみましたが、

実際、どっちがいいとは一概には言えないと思います。

 

長く使う予定なので、

私は、もう少し考えてから買おうかなと思います。

安い買い物ではないので、後悔しないようにしたいと思います。

最新動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.