【R6S】Lesion(リージョン)の基本戦法と対策方法!

今回は、Lesion(リージョン)の基本戦法と対策記事についてです。

◎基本情報

メインウェポン:SIX12 SD or T-5 SMG

サブウェポン:Q-929

ガジェット:展開型シールド or インパクトグレネード

アーマー:中

足の速さ:普通

 

メインウェポンは、言うほど強武器ではないと思います。

強みとしては、SIX12 SDにサプレッサーが標準装備になっているところです。

マップによって使い分けると良いかもしれません。

 

サブウェポンのQ-929は、そこそこ強い。威力は50。

ルイソンやD-50ほど強くはないですが、

スペツナズのPMMくらいの強さという認識でいいと思います。

 

ガジェットは、かなり迷いますね。

私個人的には、インパクトグレネードをオススメしますが、

マップによっては、展開型シールドの方が有効な場合があります。

しかし、展開型シールドは、味方の邪魔になる可能性があるので、

慣れないうちは、インパクトグレネードが良いと思います。

 

アーマーや足のステータスバランスは、THE普通。

特に突出して、強く出れる場面ないですが、プレイヤーの腕次第で、

幅広く対応できる力を持っています。



◎特殊アビリティ

GU

公式の動画に沿って説明すると、リージョンの特殊アビリティは、

毒針のある地雷を仕掛けることができます。

仕掛けた直後に、地面と同化し、視認しにくくなります。

 

 

ELAの特殊アビリティと同様に、ラッシュ(速攻攻め)対策になります。

アッシュ」や「カピタオ」あたりを止めることができます。

 

ELAとの違いは、GUでダメージを与えることができること。

GUに掛かった時の初期ダメージは10

一定時間で継続ダメージ(8)が発生します。

 

移動速度の低下も付与されるため、確実に敵が通るであろう

部屋の入口に仕掛けておくと、ほぼ確実に引っ掛かります。

 

GUの最高所持数は、7個。

初期は、1つしか持つことができませんが、時間の経過とともに増えていきます。

なので、スモークと同様にゲーム終盤まで生き残る立ち回りが必要でしょう。



◎対「Lesion」への対策方法

 

ELAと同様に、IQで電子デバイスを行うか、サッチャーのEMPで破壊するのが

一番楽な対策方法だと思われます。

 

 

リージョンの厄介なところは、時間経過でGUの数が増えていくところです。

なので、速攻倒すことをオススメします。

準備ラウンド終了時には、1~2個のGUを仕掛けていることになります。

それを上手いこと避けて、リージョンを倒すことが出来れば、

GUが多数撒かれることがないので、一気に攻めるのも策だと思います。

おそらくエリア内にいることが多いので、エリアが近くの場合は特に。

 

◎Lesion関連の記事はこちら。

【R6S】新オペレーター「Lesion(リジョン)」の最新情報!

 

その他オペレーターの基本情報と対策記事はこちら。
【R6S】各オペレーターの基本戦術と対策方法をまとめました。【レインボーシックス・シージ】

 

最新動画

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.