Push7の新着通知を一時的に停止しています

【R6S】BUCK(バック)の基本情報と対策方法【レインボーシックスシージ】

今回は、BUCK(バック)についての基本戦法と対策方法の記事です。
CaRoUPkUkAAYtRI
↑上の画像の右の方ですね。
最近、私がよく使うオペレーターの一つで、めっちゃ強いですよ。
少し前までは、追加オペで最弱だと思ってたんですけど、使ってみると全然違いましたね。
というわけで、私の偏見も含めて、解説していきます。

◎基本情報
メインウェポン C8-SFW or CAMRS
サブウェポン Mk1 9mm
ガジェット スタン or フラググレネード
アーマー 中
足の速さ 普通

ステータスは、前回紹介したFrost(フロスト)と同じく、バランス型で、広い汎用性をもっています。
このオペレーターの強みは、メインウェポン。
ARのC8-SFWも並以上に強いのですが、MR(マークスマンライフル)のCAMRSが異常に強い。
ほぼ2発で相手をダウンさせることが出来ます。これは強い。

◎特殊アビリティ
アンダーバレルショットガン

各ライフルの下部に装着してあるSG(ショットガン)です。
近距離で戦闘に使うのも良し、壁に穴を開けるのに使うも良し。
私は、壁に穴を開けて、ライフルで戦闘を行うのが基本スタイルだと思っています。
このSGの汎用性の高さも戦闘の幅を広げる要因になっていると思います。

◎対「BUCK」への対策方法
遠近両方で対応できるオペレーターですが、SGを戦闘で使う人は少ない気がします。
なので、近距離なら高レートSMGや威力の高いSGで押し切ることができると思います。
遠距離なら、ヘッドショットを狙うしかないですね。BUCKもMRがあるので、打ち合いは不利ですが。
安全に戦うなら、近距離戦に持ち込むのが吉だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください