YouTubeチャンネル(ここをクリック)

【DBD】ドワイト固有パーク「絆」「有能の証明」「リーダー」の性能評価【デッドバイデイライト】

ドワイトバグ

こんにちは、サインゼロ(@sine_zero)です。

今回からまた「キラー対策講座」に引き続き「DBDシリーズ記事」を始めていきます。

題して「全サバイバーパーク性能評価」です。

今まで「【DBD】最強おすすめサバイバーパーク構成ランキング!【デッドバイデイライト】」を書いてきましたが、強いパークの解説ばかりで「なぜ○○のパークは弱いのか、使われないのか」という理由を説明していません。

これを機に、全サバイバーのパーク性能を評価して、解説まで加えてしまおう!というものです。

どのような評価をしていくのか

単純に評価する観点は「使いやすいか」「使う場面があるか」です。

S(必須)

A(推奨)

B(便利)

C(空きがあれば)

D(クセが強い)

E(必要なし)

こんな感じで決めていきます。

ドワイトフェアフィールドのパーク評価

味方サポートに特化した固有パークを持ちます。

自分の力では何もできなくても、味方の力で勝ち抜きます。

Bond(絆):評価 A

12・24・36m内にいる他生存者を可視表示化する
この可視表示は他PERKと違い、黄色のオーラ表示になる

引用https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/15.html

このパークは、味方の位置をこちらが把握したい時に使います。

セルフケアや医療用キットを未所持の際に、味方を見つけることが容易になり、治療しやすくなります。

同時に他サポートパーク(リーダーや都会の生存術など)と相性が良く、近くにいるサポートパークを持つ他サバイバーと行動することでパークの恩恵を受けやすくなります。

味方との結束力を高め、連携プレイを積極的に取りたい方向けのパークです。

ティーチャブルパークは、ドワイトを30レベルまで上げると取得できます。

Prove Thyself(有能の証明):評価 E

他生存者が8m内にいる場合、自分の作業効率を上昇させる。(※)
上昇速度は味方の人数によって下記に変化する

1人:1・2・3%  2人:2・4・6%  3人:3・6・9%

引用https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/15.html

このパークは、他サバイバーが8m以内に存在している際に、自分の作業効率が向上します。

正直、このパークを搭載するくらいなら、次に紹介する「リーダー」を搭載した方がマシです。

味方と自分の作業効率が向上するだけなら有能ですが、「自分」の作業効率が向上するだけなので「無能」ですよね。(一部界隈では無能の証明などと呼ばれています)

しかも、パークのレベルによって作業効率の効果が変わるだけでなく、近くにいる他サバイバーの人数にも影響されるので、非常に使いにくい。

よっぽど自分の作業効率を向上させたいという特殊な理由なら話は別ですが、一般的な試合をしたいなら搭載する必要はありません。

ティーチャブルパークは、ドワイトを35レベルまで上げると取得できます。

Leader(リーダー):評価 B

8m以内にいる他生存者の作業効率を3・6・9%上昇させる。

引用https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/15.html

このパークは、自分の8m以内にいるサバイバーの作業効率を向上させる効果があります。

さっきの「有能な証明」の効果を味方に付与する形になります。

しかし、こちらは他サバイバーの人数によって作業効率が変化しないので、特に効果にデメリットもありません。

味方の作業効率を向上させることで、発電機やゲート開放を迅速に行い、自分も一緒に勝利を目指すという連携プレイのためのパークです。

なるべく味方と作業を行うために「絆」と併用すると、有効にパークを使いこなすことができます。

まとめ

ドワイトフェアフィールドの固有パーク評価は、上記のとおりです。

ドワイトパークの良いところは、周りのサバイバーの作業効率サポートにあります。

「自分自身の強化より味方をガンガンサポートして味方に頑張ってもらいつつ、自分も一緒に脱出させてもらおう」という感じです。

これらのパークを完璧に使いこなすには、「マップ把握」「作業状況の把握」ができる必要があります。

初心者向けのサバイバーでありながら、使いこなすためには上級者並みの力量が必要になるサバイバーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA