ゲーム実況チャンネルはここをクリック

【Hoi4】中級者向け!おすすめ中小国を難易度別にランキングで紹介!【ハーツオブアイアン4】

hoi4 Hearts of Iron IV

こんにちは、サインゼロ(@sine_zero)です。

前回は「【Hoi4】初心者におすすめな国ランキング!【ハーツオブアイアン4】」という記事で、列強7か国を紹介させていただきました。

初心者向けの国力が高い大国で遊んでいると、「そろそろクセのある中小国で遊んでみたいな」と思う方もいるでしょう。

そこで、今回は主に中級者向けた「プレイしていて楽しいおすすめ中小国」を紹介します。

おすすめな中小国の基準とは?

私が考えるプレイしていて楽しい中小国は、七大国と密に関わる必要がある国々です。

例に出して申し訳ないですが、「アイスランド」のような戦闘が起こらない中小国で遊んでもまったく面白くありません。

ということなので、なるべく七大国に巻き込まれやすい中小国を選出し、難易度ごとにランキングにしました。

  • 中華民国
  • イギリス領インド帝国
  • ルーマニア
  • ポーランド
  • チェコスロヴァキア
  • トルコ
  • ベルギー
  • ユーゴスラビア
  • オランダ
  • ハンガリー

10位 ポーランド

ポーランド

10位は、ポーランドです。(↑国旗の境界線がわかりにくいですねw)

他国と比べると、ドイツとソ連に挟まれているために状況がかなり厳しいです。

史実陣営は、連合国なのですが、陣営を枢軸に変更することでファランガポーランドとして、枢軸国家として生き延びる方法もあります。

枢軸入りすると、ドイツの脅威から逃れ生存率が高まるので、難易度が大きく下がります。

史実に忠実な連合国プレイをすると、かなり難しいということで、この順位になりました。

9位 オランダ

オランダ

9位は、オランダです。

オランダもヨーロッパの国々の中では、生き残りが難しい国になります。

脅威となるのは、ドイツです。

史実通りの展開になると、周囲のベルギーやルクセンブルク共々ドイツに飲み込まれます。

しかも中盤以降になると、オランダ領東インドが大日本帝国に攻められます。

各枢軸との戦いをどのように対処していくかが重要です。

8位 ベルギー

 

8位は、ベルギーです。

オランダと隣国なので、脅威となる国は、同様にドイツです。

しかし、オランダと異なる部分は、ベルギーはドイツとの戦いがメインになるので、軍備を陸軍に集中できます。

というか、そもそも海軍がほとんどいません。

なので、海軍を用いた上陸作戦はほとんど使えないので、陸軍で正面衝突することになるでしょう。(もしくは空挺)

陸軍操作に慣れてない人は逆に厳しいかもしれませんね。

7位 トルコ

トルコ オスマントルコ オスマン帝国

7位は、トルコです。

正直、トルコは独自NFがないので、面白くないかなーっと思ったのですが、国の位置がなかなか絶妙なので選びました。

どの陣営に入るかで、いろんな戦術が組める位置に存在しているので、なかなか面白いと思います。

スエズ運河とバクー油田あたりをどのように制していくが重要です。

6位 ユーゴスラビア

ユーゴスラビア

6位は、ユーゴスラビアです。

トルコ同様に様々な陣営で楽しむことができるものの、周辺国家の陣営や資源の枯渇具合を考えると、基本は枢軸陣営になるでしょう。

コミンテルンはさておき、連合国プレイも資源的に少々難易度が上がりますが、それなりに楽しもうと思えば楽しめます。

ギリシャ等を上手いこと吸収して、資源を確保していくことが重要になるでしょう。

5位 ハンガリー

ハンガリー

5位は、ハンガリーです。

史実通りにプレイすると、枢軸国となります。

NFが豊富で次第で他国とまったく異なるストーリーを楽しむことができるでしょう。

その代わり、運要素が絡む場面も多いので、運が悪いとかなり厳しい状態になると思います。

4位 チェコスロヴァキア

チェコスロバキア

4位は、チェコスロバキアです。(上記国旗はチェコ)

連合国プレイが一般的ですが、枢軸国と協力して周辺中小国を飲み込んでいくプレイもなかなか面白いです。

ヨーロッパの中でもそれなりに工業力が高い方なので、人的資源にさえ気を付ければ、それなりに戦えるでしょう。

連合国プレイをしていくならフランスやイギリスと連携を取ることで、枢軸の戦力を東西に分散させて戦うことができます。

コミンテルンに加入するルートはやったことがないのですが、どう考えてもきついような気がします。(マゾ向け)

3位 ルーマニア

ルーマニア

3位は、ルーマニアです。

ルーマニアの陣営は、枢軸寄りです。(史実だと後に離脱しますが)

もし枢軸陣営プレイすることになっても、連合加盟国とほとんど接していないので、対連合と戦うことは少ないと思われます。

代わりにソ連と国境が接しているので、メインは対コミンテルンになるでしょう。

正念場は、ソ連との領土割譲イベントです。

ドイツを利用してソ連と戦うか、素直に割譲するかがゲームを面白くする部分だと思います。

2位 中華民国

中華民国

2位は、中華民国です。

世界大戦は、ヨーロッパがメインでドンパチしているイメージですが、第二次はアジアも大日本帝国のおかげでかなり緊張度が高いです。

大日本帝国との戦いがメインになるのですが、史実通り戦うと戦力差で押し切られます。

人的資源は腐るほどあるので心配はいりませんので、軍備をしっかり整えることに注力しましょう。

1937年の盧溝橋事件までにどれくらい準備できるかで勝負が決まります。

1位 イギリス領インド帝国

イギリス領インド帝国

1位は、イギリス領インド帝国です。

イギリスの植民地というところからスタートします。

植民地ということもあり、イギリスによる影響で全体的に国力が押さえつけられています。

独立することで自由度が高まるので、できるだけ迅速にイギリスからの独立を目指しましょう。

連合、枢軸、コミンテルン等の基本的な陣営ルートは、大体できます。

一番プレイしやすい陣営は連合国ですが、大日本帝国との戦いが予想されるので、しっかり準備はしなければなりません。

まとめ

個人的にやってみて楽しかったオススメ中小国を書き連ねてみました。

上記の難易度は、自分がやってみて難しかった順番なので、個人差はあると思います。

参考程度に、どんなプレイをしてみたいかで選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA