【2018年版】メルカリとは?使い方や出品送料、トラブルについて

今日は、メルカリの話をしていきたいと思います。

 

なぜ、今頃になってメルカリの話?

なぜ、今になってメルカリの話をするかというと、

正月に母親から「メルカリの使い方を教えてほしい」とお願いされまして、

まだメルカリを使ったことがない人がいる」という認識をしましたので、

紹介しようと思いました。

 

他のサイトを紹介する形もできたのですが、

少々わかりにくいサイトも見られたので、

2018年版で新しく書こうと思いました。

 

前置きが長くなってしまって申し訳ありません。

次の項目から本題です。

 

メルカリとは?

主にスマホを使ったフリマアプリです。

スマホ(PCでも可)があれば、不要になった服や財布、ゲーム等を出品することができます。

 

スマホの方は、Appleストア or Googleプレイストアで検索してください。

※後ほど、アプリダウンロードリンクを追記します。

 

PCの方はこちら↓

https://www.mercari.com/jp/

 

メルカリは、どんなものが出品できるの?

基本的にどんなものでも出品できますが、

倫理や道徳に反するものであったり、犯罪行為に使用されるものはアウトです。

例 違法薬物やマネーロンダリング、人身売買などは、アウトです。

 

自分がいらなくなったものをフリマのように、自分で価格をつけて売ることができます。

当然、安ければ安いほど、売れやすくなります。

 

送料や手数料に注意してください。

安ければ安いほど、売れると書きましたが、注意があります。

 

送料は、相手負担にもできますし、出品者負担にもできます。

当然、出品者負担の方がよく売れます。

メルカリは、配達方法を出品者側が選べるので、便利です。

そのために価格を安くしすぎると、売る値段より送料の方が高くなってしまう場合があるので、注意してください。

 

次に手数料にも注意してください。

メルカリでは、価格の10%を運営に手数料として払わなくてはいけません。

出品したものが売れた時点で、手数料を払うことになるので、

出品するたびに、払う必要はありません。

しかし、計算を誤ると、送料の時と同様に損をする場合があります。

 

このような事例を防ぐために、メルカリでモノを売るためのテクニックを教えます。

今回の記事は、メルカリの基礎編なので、書けませんが、

近日中に、メルカリで売るコツを書きたいと思います。

 

まとめ

いろいろ書きたいことがありますが、今回は基礎編ということで、

メルカリがどのようなものかを知ってもらうために書きました。

(今回後々、書き直すことが多そう。。。。)

 

売るためのコツなどを近日中に詳しく書く予定なので、

少しばかりお待ちください。

最新動画

活動リンク

YouTubeチャンネル

ブログの動画アーカイブがあります

ツイキャス

最近はほぼ毎日DBD配信しています。

Twitter サインゼロ(@sine_zero)

ブログの最新状況等が随時更新

Instagram サインゼロ(@hyok_ideal)

グルメを中心とした写真を投稿します。

Pixivアカウント

少しずつ絵を描いてます

ニコニココミュニティ

気まぐれで配信をしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA