ゲーム実況チャンネルはここをクリック

【APEX】レヴナントの能力や戦い方、強さの評価、生い立ちについて

レヴナント

こんにちは、サインゼロ(@sine_zero)です。

APEXのキャラクター紹介第五弾は、人口の悪夢「レヴナント」というキャラクターです。

シーズン4で追加された新レジェンドです。

どれくらい強いのか、考察してみましょう。

レヴナントの生い立ち

レヴナント 元ネタ

「肉塊よ、私はあの世を見たことがあるが、何もない。お前には何もないのだ。」

レヴナントはかつて人だった。かつてマーシナリー・シンジケートが誇る最凶の殺し屋だった。鏡を覗き込めば、過去に思いを馳せる人の顔をした自身の姿を見ることができた。しかし、時を経てあらゆる状況が一変する。彼のプログラムに機能不全が発生。レヴナントはマーシナリー・シンジケートとハモンドロボティクスが彼に何をしたのか、真実を知ってしまう。その目に映ったのは、鉄と皮だけの生ける悪夢と化した変わり果てた姿だった。雇い主たちは彼を幻影として復活させ、幾度となく死の淵から引き戻し、その事実を忘却するようにプログラミングを施していたのだった。

こんな姿にした奴らを1人残さず狩り尽くすと誓いを立てたものの、あれからもう2世紀以上が経過していた。復讐の対象はすべて死に絶えた…そう彼は思った。そんな折、ハモンドロボティクスがアウトランズに再進出し、彼は復讐心を新たにする。奴らに関わりがあれば対象とみなし、そのすべてが絶命するまで歩みを止めることはない。もちろん、邪魔立てするのであればレジェンドも例外ではない。殺し屋には理由が必要だった…しかし、今はそれすら不要だ。

引用 https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends/about/characters/revenant

レヴナントの本名は、不明です。

元々人間だったのですが、とある事件をきっかけにロボットへ姿を変えられてしまいます。

自分をこのような姿に変えた人たちを一人残らず消すことがレヴナントの使命となっています。

ちなみに復讐対象の「ハモンドロボティクス」というのは、ゲーム「タイタンフォール」にも登場しています。

レヴナントの能力

戦術アビリティ:サイレンス

サイレンス

フラグのような投擲物を投げて、サイレンスの効果に当たったレジェンドは、ダメージとアビリティ使用不能効果が付与される。

アビリティ使用不能効果時間は、10秒です。

敵をガッツリ追い詰めた後に、逃げアビリティ(レイスの「虚空へ」やパスファインダーの「グラップリングフック」)を使えない状態にできるので、確実に敵を仕留めることができます。

パッシブアビリティ:ストーカー

しゃがんだ状態で高速移動や建物および障害物の対して、他のキャラクターより高い位置まで登ることができます。

登れる高さは、他のキャラクターと比べて大体約1.5~2倍くらい高い位置まで登れるんじゃないかなという感じです。(目測なので正確な数値ではありません)

シーズン3の「キャピタルシティ」のような建物が多い地形だと、結構重宝するアビリティになりそうです。

アルティメットアビリティ:デストーテム

デストーテム

トーテムを設置して、アクションボタンを押すと使用者がシャドウ化(ゾンビ化)します。

シャドウ化したキャラクターには、アーマーが適応されなく、攻撃を受けるとHPが減ります。

HPが0になると、トーテムの位置にリスポーンし、HPがギリギリの状態で復活します。

ライフラインの回復サポートやワットソンのトーテム周囲防衛があれば、かなり安定した運用ができそうです。

レヴナントの戦い方や立ち回り

レヴナントは、基本的に「奇襲を仕掛けて敵を逃がさない立ち回り」が求められる気がします。

建物に籠った敵を味方は正面から詰めて、レヴナントは、パッシブアビリティ「ストーカー」で上の階に登り、上下で挟み撃ちにできます。

もし、相手にレイス等がいたら、早い段階で戦術アビリティ「サイレンス」を投げ込んで、虚空やポータルで逃げることができない状態にして確実に仕留めることができます。

なるべく味方と相手を囲んで叩くという戦い方がいい立ち回りになるのではないでしょうか。

レヴナントの評価

前シーズン使用率トップの「レイス」「パスファインダー」の対策要員として登場したキャラクターのように思えます。

対策能力の戦術アビリティ「サイレンス」をどれくらいうまく使えるかで、レヴナント入りパーティの勝率が変わってくるでしょう。

パッシブアビリティ「ストーカー」も敵の裏取りが容易にできる能力なため、元々立ち回りが上手な人が使うとかなり強い能力でしょう。

アルティメットアビリティ「デストーテム」は、イマイチ使い道が考えられていないのですが、使い慣れてくると意外な使い道が発見できそうです。

まとめ

今回は、レヴナントの個別解説記事を書いてみました。

レヴナントは、実装されたばかりのキャラクターなので、これからいろんな戦術が生まれてくると思います。

特に「デストーテム」が戦いにどんな影響を与えてくれるのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA