ゲーム実況チャンネル

【DBD】ジェーン固有パーク「連帯感」「平常心」「真っ向勝負」の性能評価【デッドバイデイライト】

dbd ジェーンロメロ

こんにちは、サインゼロ(@sine_zero)です。

「全サバイバーパーク性能評価」シリーズの第15弾「ジェーンロメロの固有パーク」です。

詳しい評価表は、前回記事のこちらをご覧ください。

ジェーンロメロの固有パーク

連帯感(Solidarity):評価 C

連帯感

負傷時に医療キットを使わず生存者を治療すると、40・45・50%の変換率で自分の傷も回復する

引用  https://w.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/288.html

このパークは、味方を治療すると、自分も一定数回復ゲージが進むパークです。

回復効率を高めるパークとして、とても優秀です。

「共感」や「植物学の知識」、「アフターケア」、「独学者」等のパークと相性がいいです。

他の回復パークを組み合わせて使うことで効果が発揮しやすくなるパークなので、パーク枠の多くを消費します。

他のパークを枠を圧迫してまで搭載する必要があるかといえば、特にないでしょうね。

平常心(Poised):評価 B

平常心

発電機の修理が完了した後、6・8・10秒間跡を残さなくなる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/255.html

このパークは、発電機の修理が完了した直後数秒間、足跡を残さなくなります。

「身軽」や「ダンスウィズミー」のような隠密に優れたパークになります。

他にもキラーが近くにいる状態で発電機を点灯し、急いで発電機から離れることで相手に自分の位置を知られることなく、相手を撹乱できます。

意外と発電機修理完了直後は、キラーの目にも留まりやすいですから、使いこなせば便利だと思います。

真っ向勝負(Head On):評価 D

真っ向勝負

ロッカーの中、出れる状態で3秒間待つとパークが点灯する
パーク点灯中に急いでロッカーを出る発動し、突進攻撃をする。
突進攻撃の有効範囲に殺人鬼がいると3秒間怯ませ、疲労のステータス効果が60・50・40秒間発生する。疲労中は発動できない※
命中しなかった場合は疲労しない
カラスが頭上にいる状態では発動できない。

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/255.html

このパークは、ロッカーに3秒間入った後、キラーが近づいた時に飛び出すことで相手をスタンさせることができるパークです。

スタンの有効範囲が狭く、使いこなすまでに時間がかかります。

スタン時間も3秒間と短いうえに、疲労パークとして扱われるため、他のダッシュパークと併用ができません。

完全にネタパークみたいな感じなので、こだわりが無い限り使う必要はありません。

まとめ

個人的に「平常心」が使いやすいパークだと思います。

発電機を無理やり回した後でも障害物が近くに多ければ、走って逃げ込めば意外と簡単に相手を撒くことができます。

「発電機を修理したいけど、キラーが来るのが恐くてあまり強気に回せない」という方にオススメです。