【DBD】キラー対策講座!第5弾「対ナース」編!【デッドバイデイライト】

「キラー対策講座」シリーズの記事。

今回は、最強と名高いキラー「対ナース」攻略記事です。

「ナース使いになりたい!」という方にも、ぜひご覧になって欲しいです。

紹介内容は、前回同様以下の通りになっています。

  • ナースの主な戦略
  • ナースの主なパーク構成
  • 対ナースへのサバイバー側の立ち回り
  • 対ナース向けオススメサバイバーパーク

ナース対策講座

ナースの主な戦略

ナースの主な戦略は、「ブリンク」と呼ばれるテレポートを使い、サバイバーを追跡したり奇襲をかけることでサバイバーを追い込みます。

前回の「ヒルビリー」同様、上級者向けキラーとして扱われており、ランク上位では多くの方が使っているキラーです。

ナースのブリンク時には、独特な叫び声が聞こえます。その叫び声が聞こえるのは、ブリンク直後です。

その後、一定時間のブリンクスタンが入ります。その間にサバイバーを見失うことが多いです。

 

一度にブリンクできる距離は初期状態で「20m」。一度のブリンクに要するチャージ時間は初期状態で「2秒」とされています。連続使用回数は2回。

どのランク帯でもアドオンなどでブリンクを強化(距離増加や回数増加)しているナースがほとんどです。

ブリンクの扱いは、とても難しく慣れるまでにはかなり時間を要します。(センスや感覚でも習得時間が変わる)

空間認識能力が良かったり、サバイバーの進行方向の先読みが上手い方は、すぐに上手くなれると思います。

ナースの主なパーク構成

ナースは、「索敵パーク」と相性がいいです。

Thanatophobia(死恐怖症)

生存者を負傷・這いずり状態・フックに吊るすと効果発動
負傷状態を完治・退場するまで全生存者の修理/解体/治療速度が低下する
条件に当てはまる生存者が増えれば効果が上乗せされる

人数と速度減少率の関係は下記の通り
【Level1】1人:4% 2人:7% 3人:10% 4人:13%
【Level2】1人:5% 2人:8% 3人:11% 4人:14%
【Level3】1人:6% 2人:9% 3人:12% 4人:15%

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

このパークは、負傷者が出ると作業スピードを減少させます。

発電遅延などで良く使われるパークで、サバイバーを見失いやすいナースに最適なパークと言えるでしょう。

一度サバイバーを攻撃した後に見失っても、作業遅延ができるのでチェイスが無駄にはなりません。

A Nurse’s Calling(看護婦の使命)

Lv3 20・24・28m以内で治療をしている生存者を可視表示化にする

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

通称「ナースコール」。このパークは、治療中のサバイバーを索敵するパークです。

先ほどの「死恐怖症」と組み合わせると、作業遅延&索敵を行えるのでとても強いです。

サバイバー側は、ナース相手に脅威範囲での治療は位置がバレていると考えた方がいいですね。

Whispers(囁き)

48・40・32m内に生存者がいる時、囁き声が聞こえてくる
またその場合、Perkのアイコンが反応する

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

近くのサバイバーが見つけやすくなるパークです。

ナースは、ブリンク時のスタンなどが影響し、索敵がとても苦手です。

そのため、このパークを搭載していると、サバイバーの人数が減ってもサバイバーを見つけやすくなります。

Hex:No One Escapes Death(呪術:誰も死から逃れられない)

発電機修理を終えて、ゲートの電力が入ると効果発動
攻撃の再使用速度が4・8・8%上昇・移動速度が3・4・4%上昇
PERK:Lv3のみ、一撃で這いずり状態にできる
(但し、ハントレスの投斧には適応されない)

発動すると、通常トーテムの1つが呪いのトーテムに変化。
既にトーテムがない場合はパーク効果は発動しない。
この効果は付与された呪いのトーテムがある間持続する

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

通称「ノーワン」。通電後サバイバーへの攻撃が一撃ダウンになる(レベル3のみ)パークです。

サバイバーを見失いやすいナースは、サバイバーを一撃でダウンできた方が楽だと思います。

ただ、索敵パークをガン積みすると、搭載パーク数に余裕がなくなる可能性があります。

Shadowborn(闇より出でし者)

視野が9・12・15%明るく広くなり、より遠くまで見渡せるようになる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

視野が明るくなり、遠くまでマップが見やすくなるパークです。

ナースは、ブリンクで長距離移動ができるので、遠くの状況まで見渡せた方が何かと便利です。

個人的な感想ですけど、上手なナースほどこのパークを付けている感じがします。

Barbecue & Chili(バーベキュー&チリ)

生存者をフックに吊るすと効果発動。
吊るしたフックから52・46・40m以上離れている生存者を4秒間可視表示する。
また、各生存者を初めて吊るすと専用ポイントを1個取得する。(最大:4個)
1個につき最終獲得BPが15・20・25%増加する。 (最大:60・80・100%)

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

通称「バベチリ」。フックに吊るした時、一定距離離れたサバイバーを可視表示します。

このパークは、ナース使用者が一番つけているパークだと思います。

長距離ブリンクで一気に距離を詰めていくことができます。

Make Your Choice(選択は君次第だ)

フック救助成功時に48・40・32m以上離れてる場合、効果発動。
フック救出を行った生存者を一撃で這いずり状態にする。
ただし、このパーク効果は60秒の時間制限がある

発動すると、効果の再使用までに60秒必要。

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

通称「天秤」。フックから一定距離離れた状態で救助されると、救助者を一定時間一撃ダウンにすることができます。

あまり使用者はいませんが、油断していると一撃でダウンさせられてしまうパークです。

長距離移動ができるナースとも相性の良いパークだと思います。

対ナースへのサバイバー側の立ち回り

ナースへの効果的な立ち回り方法は、こちら。

  • 足跡を必要以上につけない
  • 直線で逃げない
  • 過度なパレット勝負や窓枠勝負をしない

自分の痕跡を如何にして消せるかが勝負です。

足跡を必要以上につけない

どのキラーにも共通して言えることですが、特にナースには重要視して欲しいことです。

本当に上手い人でなければ、結構ナースはサバイバーを見失ってくれます。

チェイス時には、相手がブリンクスタンしている間にしゃがみ移動などを駆使して足跡を率先して消していきましょう。

直線で逃げない

ナースと戦う上で一番大事にして欲しいことは、直線で逃げないことです。

ナースのブリンクは、ほぼ直線移動になるので、ジグザグに移動すればある程度攻撃はかわせます。

ランク上位になれば、ジグザグ移動ですら先読みしてくるので、高度な読みあいが重要になりますが、ランク二桁帯であれば、ジグザグ移動するだけで長時間チェイスに持ち込むことができます。

過度なパレット勝負や窓枠勝負をしない

他のキラーでは通用するパレット勝負は、ナースにはあまり通用しません。

ナースはパレットを壊さなくても、ブリンクでパレットを超えられるので、あまり過信しすぎない方がいいです。

同様に窓枠も乗りこえ時に一瞬サバイバー側に隙ができてしまうので、注意です。

パレットや窓枠勝負するくらいなら、ナースとの距離を大きく取るように立ち回った方がチェイスは強くなります。

対ナース向けオススメサバイバーパーク

Light weight(身軽)

自分の足跡が残っている時間が1・2・3秒短くなる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

足跡をすぐに消せるようになるパークです。

今までのキラー対策講座のほとんどで紹介しているパークのような気がします。

それだけチェイスになったり、隠密するときに重要なパークということです。

Sprint Burst(全力疾走)

走り出した3秒間の移動速度が150%になる
このPERK効果が発動すると60・50・40秒間は疲労状態となる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

3秒間移動速度が加速するパークです。

チェイスが開始しそうになった時に使用すると、一気に距離を離すことができます。

加えてナースの攻撃が当たる直前に使用すると、攻撃を回避することもできます。

Urban Evasion(都会の逃走術)

しゃがみ状態での移動速度が90・95・100%上昇
(Lv3でしゃがみ速度が歩き速度と同じとなる)

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

しゃがみ状態の移動速度がアップするパークです。

なるべく見つからないように隠れながら足跡を付けずに素早く移動する方法として活躍します。

意外と「バーベキュー&チリ」対策にもなるので、便利です。

Decisive Strike(決死の一撃)

殺人鬼に担がれた直後、スキルチェックが発生するようになる
成功すると、担ぎ状態から抜け出し、殺人鬼を3・3.5・4秒間スタンさせる
オブセッション状態でない時、発動には脱出ゲージが45・40・35%必要(※)
この効果は成否問わず、1ゲーム中に1回だけしかできない
ただし、スキルチェックの操作をしない場合は効果温存となる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

担がれたときに一度だけ抜け出すことができるパークです。

おそらくナース使用者が一番嫌うパークだと思います。

抜け出しに成功すると、同時にスタンも付与されるのでナースはサバイバーを見失いやすくなります。

Dead Hard(デッド・ハード)

負傷中の走っている時、Eキーを押すと効果発動
前方にダッシュする 効果中はあらゆるダメージを受けない
このPERK効果が発動すると60・50・40秒間は疲労状態となる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

負傷時に攻撃を回避することができるパークです。

ナース使用者が「決死の一撃」の次に嫌うパークだと思います。

よく同じ疲労パークの「全力疾走」と比較されるパークですね。(私は「全力疾走」派)

まとめ

ナースは強いですが、対策方法が一番確立してるキラーともいえます。

その対策方法すら対策してくるナースが極稀にいますが、それは自分の戦うランク帯によると思います。

少なくともランク2桁帯で戦えないほど強いナースはいないと思います。(故意にランクを下げてるナースは別ですが)

最新動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.