ゲーム実況チャンネル

【APEX】ライフラインの能力や戦い方、強さの評価、生い立ちについて

ライフライン

こんにちは、サインゼロ(@sine_zero)です。

今回は、ApexLegends(エイペックスレジェンド)というゲームのレジェンド(キャラクター)の紹介を行っています。

第二弾は、戦う衛生兵「ライフライン」という女性キャラクターです。

私個人が考えるrライフラインの能力や戦い方、強さの評価について紹介していきます。

ライフラインの生い立ち

ライフライン

「諦めるな。そうすれば勝てる」

アジェイ・チェ、通称ライフラインはApexゲームには似つかわしくない存在だ。裕福な戦争成金の子として生まれるが、親の築いた財産の血生臭さに気づいた彼女は家を出て、フロンティアの恵まれないコミュニティを支援する人道支援組織「フロンティア兵団」に加入した。それ以来、彼女は人助けに心血を注いできた。Apexゲームに参加する理由は、稼いだ賞金をフロンティア兵団に提供するためだ。

Apexゲームに穢れなき参加者は存在しない…大会の本質は誰にとっても明らかだ。ライフラインにとって勝利は人道支援へと繋がるたため、この血塗られた祭典に臨む彼女には、気後れなどない。少なくとも、彼女は自分にそう言い聞かせている。無神経な皮肉屋に見えるが、心の奥底では人を助けて、世界をより良い場所にしたいと願っている。そのためには、人を始末することも厭わない。

引用  https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends/about/characters/lifeline

ライフラインの本名は、アジェイ・チェです。

裕福な家庭を飛び出してまで慈善活動に勤しむ思いやりのある女性で、このApexに参加した理由も賞金を支援組織に提供するためだという真人間っぷり。

自分のために参加しているというより、人助けのために参加している節があります。

しかし、勝つためには手段など選ばないという徹底した強い信念を持っています。

ライフラインの能力

戦術アビリティ:D.O.C.ヒールドローン

D.O.C.ヒールドローン

ライフライン専用ドローンを展開し、周囲の味方HPを回復させます。

近くにいるだけで、自動回復してくれるので、戦闘中の味方の近くに展開するだけで攻撃のサポートができます。

しかし、敵の銃弾や軍需品を受けてしまうと破壊されてしまうので、遮蔽物に隠して、敵に見つからないように展開する必要があります。

同時に複数人回復でき、クールタイムが1分近くあるので、使用する際は、味方が集まっているタイミングで使うとより効果的です。

パッシブアビリティ:戦う衛生兵

戦う衛生兵

ダウンした味方を起こす際に、ライフライン専用ドローンが前方に壁を作ってくれます。

敵からの銃弾や軍需品を防いでくれるため、安全に味方を復活させることができます。

加えて、味方を起こす速度も他のキャラクターに比べて早くなる効果も付与されています。

そして、自身が使う回復アイテムのチャージ速度が25%向上する効果もついています。

アルティメットアビリティ:ケアパッケージ

ケアパッケージ

アイテムを3つ乗せた支援物資「ケアパッケージ」を指定した場所に呼びます。

入っている中身は、ランダムなんですけど、結構良いものが入っていたりします。

この能力を使うための仕様待機時間が長いのが弱点ですが、それ以外にデメリットがないので、能力が溜まったら積極的に使っていきましょう。

ライフラインの戦い方や立ち回り

ライフラインの主な仕事は、味方のサポートです。

自身が前に出て、有利な戦況を作るのではなく、味方のHP管理に専念しましょう。

HP管理の主な方法は、味方のシールドが破られた段階で「D.O.C.ヒールドローン」を展開します。

上手く展開できれば、味方の大きなサポートになるでしょう。

味方がダウンしてしまった時は「戦う衛生兵」でシールドを張りつつ、早急に味方を起こしてあげましょう。

味方の介護を行う形でプレイしていけば、ライフラインの仕事は完璧です。

ライフラインの評価

私個人の評価は、初心者でも扱いやすい上に、中級者以上でも問題なく使える万能キャラクターだと思っています。

APEXは、ゲームの性質上「いかに生き残るか」が重要なゲームなので、味方のHP管理をしっかりしていれば、必ず活躍できます。

パッシブアビリティ「戦う衛生兵」は、他のキャラクターに比べてもトップクラスに優秀な能力なので、最悪「D.O.C.ヒールドローン」や「ケアパッケージ」が上手く使いこなせなくても、「戦う衛生兵」だけ使いこなせるようになれば、大体問題ないと思います。

使いこなせるようになるといい順番は、「戦う衛生兵」→「D.O.C.ヒールドローン」→「ケアパッケージ」の順です。

正直、「ケアパッケージ」はおまけなのでね。

まとめ

今回は、ライフラインの個別解説記事を書いてみました。

まだ第一弾のワットソン紹介記事を読んでいない方は、時間がある時に読んでみてください。

また、何か異論や質問がある方は、Twitterにシェアして発言してみてください。

常にエゴサしているので、参考にさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA