YouTubeにてDBD解説動画をアップします!

【DBD】ランク1(赤帯)が教えるDBD上達法&ランクの効率的な上げ方

こんにちは、サインゼロ(@sine_zero)です。

今回は、「DBDを始めたけど、全然上手にならない・・・」という方向けの記事です。

主にサバイバー向けの記事になります。

高ランク帯を目指すうえで重要な要素はこれだ!

私が個人的に考える「高ランク帯を目指すうえで必要な要素」は下記のとおりです。

  • チェイス能力
  • 救助意識
  • スキルチェック成功率
  • 生存能力

これらの4つの要素が必要になります。

これから順を追って解説していきます。

チェイス能力

高いチェイス能力はベテランの証です。

キラーに追われても攻撃をかわすことで、相手に捕まらないように逃げ続けます。

もっと言えば、ある程度のタイミングでキラーを撒くことができるとなおいいです。

味方のことを考えると、ゲート通電まで逃げ切れるとヒーロー扱いなのですが、効率よくランクを上げたいなら発電機も回す必要があります。

上手いことチェイスをしつつ、ある程度の時間が経ったらキラーを撒くことが重要です。

パーク構成は「チェイス(鬼ごっこ)性を重視したパーク構成(上級者向け)」を参考にしてみてください。

特に「決死の一撃」はオススメです。

救助意識

高い救助意識は、先ほどの「チェイス能力」よりも大事な要素で、味方を救助するとランクを上げるための大きなポイントを得ることができます。

ただ救助するだけでなく、キラーが周りにいない安全な状態での救助が好ましいです。

安全な状態で救助できれば、味方をその場で回復することもできるので、治療ポイントもゲットできます。

パーク構成は「チームワークを重視したパーク構成(中級者向け)」を参考にしてみてください。

特に「与えられた猶予」や「きっとやり遂げる」はオススメです。

スキルチェック成功率

スキルチェックを成功させることは、ランクを上げる目的でなくてもゲームをやるうえで基本的なプレイ要素になるのですが、もっと上達を望むなら「グッド」ではなく「グレート」を狙いましょう。

この画像を参考にすると、「perfect zone(パーフェクトゾーン)」に当たる部分が「グレート」です。

この部分でスキルチェックを成功すると、ポイントや作業効率に加点ボーナスが付きます。

それだけでなく、キラーのパークによる高難易度スキルチェックにも対応できるようになります。

↑上の画像は、キラーの「破滅」と呼ばれるパークのスキルチェックです。

赤く塗られた部分以外は、成功とみなされません。赤矢印で示された黒く塗られたゲージで成功しても発電機の作業ゲージが減少します。

↑もう一つの上の画像は、「オーバーチャージ」と「不安の元凶」を組み合わせた画像です。

「オーバーチャージ」は、キラーがダメージを与えた発電機を触った直後のスキルチェック難易度を挙げるものです。

「不安の元凶」は、心音範囲内のサバイバーのスキルチェック成功ゲージの範囲を狭めるものです。

この両方を組み合わせられると、かなりスキルチェックが難しくなります。

 

スキルチェックは失敗すると、作業ゲージが減少するだけでなく、キラーにも通知がいく仕組みになっているので、何としても成功させなければなりません。

そういう意味でも日頃からスキルチェックで範囲の狭い「グレート」を狙っていくと、上記のような難易度の高いスキルチェックでも対応できるようになります。

このようなことから、高ランク帯を目指すうえで「スキルチェックの成功率」は重要な要素になります。

生存能力

最終的に大事になってくるのは、生存したまま脱出することです。

大体ある程度の作業(救助や発電機修理)をして脱出すれば、ランクを上げていくことができます。

逆を言えば、脱出できなければ多くの場合ランクが上がりません。

とりあえず、チェイス能力や救助意識も大事ですが、自信がなければ味方を見捨てる覚悟で自分だけでも脱出を目指しましょう。

まとめ

基本的なランク上げに必要な要素は、上記のような感じです。

「は?当たり前のことすぎないかい?」と思う人もいるかもしれませんが、これらの積み重ねで高ランク帯にすぐ行けるようになります。

キラーごとに対策方法を詳しく知りたいという方は、「【DBD】全キラーの対策方法を初心者にわかりやすく解説!【デッドバイデイライト】」というのも書いているので、キラーの対策方法を知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

キラー対策講座まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA