【DBD】キラー対策講座!第4弾「対ヒルビリー」編!【デッドバイデイライト】

出典 https://www.gamecrate.com/dead-daylight-available-consoles-today/16527

久しぶりの「キラー対策講座」シリーズの記事です。

今回も「対ヒルビリー」の立ち回り方法やヒルビリーの戦略、対策パークなどを紹介していきます。

前回までのシリーズでは、これらのキラーを紹介しています。

紹介内容は、前回同様以下の通りになっています。

  • ヒルビリーの主な戦略
  • ヒルビリーの主なパーク構成
  • 対ヒルビリーへのサバイバー側の立ち回り
  • 対ヒルビリー向けオススメサバイバーパーク

ヒルビリー対策講座

ヒルビリーの主な戦略

ヒルビリーの主な戦略は、サブ装備のチェーンソーをチャージすることでで猛ダッシュ攻撃を行うことができます。

このキラーは、比較的上級者に人気があるキラーで、個人的に考える強さは、ナースの次を行くものだと考えられます。

フックにサバイバーを吊るした後、「バーベキュー&チリ」で遠くのサバイバーへ奇襲をかける戦い方もできますし、フックから救出した後のサバイバーを一人狙いするトンネルと呼ばれる戦い方ができるキラーでもあります。他には「狩りの興奮」を付けて、呪いのトーテム(貪られる希望など)を守りながら戦う「トーテムビリー」も存在します。

これらのように、遠くからの奇襲ができる希少なキラーになっていることが、人気に繋がっているのだと考えます。

操作性は、上級者向けとなっているため、ナースと同じくかなり難しいです。

 

これから紹介するパーク紹介でも出てくる固有パーク「ガラクタいじり」は、アドオンを強化する効果を持つのですが、「キャブレター調整ガイド」でチェーンソーのチャージ時間を大幅に減少させたり、「破滅の彫刻」でチェーンソー移動のスピードを大幅加速にすることができます。

ヒルビリーのアドオンは強力なものが多く、例えばパーク「観察&虐待」+アドオン「破滅の彫刻」&「自家製マフラー」で脅威範囲を限定させつつチェーンソーの騒音を減少させて遠くから移動スピードを上げて奇襲をかける「ステルスチェーンソーヒルビリー」って人を見かけたことがあります。この構成に「バーベキュー&チリ」などで索敵をするとめちゃくちゃ強いです。

ヒルビリーの主なパーク構成

Enduring(不屈)

生存者による障害物攻撃からの復帰時間が50・60・75%減少する
更にパーク関連のスタンからの復帰時間を20・28・35%減少する

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

パレットなどのスタン状態(ひるみ)から早く立ち直るために付けているキラーが多いです。

ランク上位になると、主に「決死の一撃」の対策に付けている人が多いですね。

必須までとは言いませんが、あると便利なパークです。

Tinkerer(ガラクタいじり)

チェンソーのゲージを溜め易くするアドオンの効果を6・8・10%高める
(他殺人鬼の一部アドオン効果も含まれる)

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

これは、先ほど少し紹介させていただいた通り、アドオンを強化する効果を持っているパークです。

特に「キャブレター調整ガイド」はかなり強いアドオンなので、組み合わせるならこれですね。

あとアドオンに対するパークとはいえ、キラー自身を強化するパークなので、他パークとも相性抜群です。

Whispers(囁き)

48・40・32m内に生存者がいる時、囁き声が聞こえてくる
またその場合、Perkのアイコンが反応する

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

近くのサバイバーを索敵しやすくするパークです。

ヒルビリーはチェーンソーの音が鳴るので、近くに来るとサバイバーが足跡を消して隠れてしまいます。

隠れたサバイバーを見つけやすくするためにこのパークを搭載します。

サバイバーの数が減ってくると、さらに効果が増していくのでハッチ脱出警戒にも使えます。

Barbecue & Chili(バーベキュー&チリ)

生存者をフックに吊るすと効果発動。
吊るしたフックから52・46・40m以上離れている生存者を4秒間可視表示する。
また、各生存者を初めて吊るすと専用ポイントを1個取得する。(最大:4個)
1個につき最終獲得BPが15・20・25%増加する。 (最大:60・80・100%)

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

フックに吊るした時に遠くのサバイバーを一定時間可視表示することができるパークです。

ヒルビリーを使用するなら、ほぼ必須と言っても過言ではないと思います。

移動スピードの速いヒルビリーととても相性の良いパークです。

Make Your Choice(選択は君次第だ)

フック救助成功時に48・40・32m以上離れてる場合、効果発動。
フック救出を行った生存者を一撃で這いずり状態にする。
ただし、このパーク効果は60秒の時間制限がある

発動すると、効果の再使用までに60秒必要。

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

一定距離離れた後にフックに吊られたサバイバーを救助したサバイバーを一撃でダウンさせることができます。

「バーベキュー&チリ」同様、移動スピードが速いヒルビリーととても相性の良いパークです。

しかし、そもそもチェーンソーが一撃なので、パークに余裕がなければあまり必要のないパークかもしれません。

Hex:Devour Hope(呪術:貪られる希望)

トーテムの1つに呪いが付与される(他パークと合わせて最大:4つ)
フック救助成功時に24m以上離れてる場合、専用ポイントを取得する
ただし、この効果は付与された呪いのトーテムがある間持続する(※)

2pt以上(PERK:Lv3限定):吊るした10秒後、移動速度5%上昇(10秒間)
3pt以上(PERK:Lv2以降):生存者を一撃で這いずり状態にする
5pt(全Lv有効):生存者を自分の手で殺害できる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

前パーク2つ同様、一定距離離れた状態でフックからサバイバーが救助されると、呪いのトーテムに効果が付与されるパークです。

このパークは、呪いトーテムシリーズの中でもかなり強い部類で「狩りの興奮」と組み合わせることで、より強い効果を持ちます。

「破滅」や「女狩人の子守唄」と組み合わせて、全パーク呪いのトーテムで固めてみるのも面白いです。

対ヒルビリーへのサバイバー側の立ち回り

ヒルビリーへの効果的な立ち回り方法は、こちら。

  • 基本は音を聞いて隠密
  • 直線で逃げない
  • パレットの周りでチェイスを行う

なかなかチェイスの強いキラーなので、なるべく見つかりたくないものです。

基本は音を聞いて隠密

ヒルビリーは、チェーンソーの移動速度が速い分、距離を取ってもすぐに追いつかれてしまうので、なかなか撒くことが難しいです。

それなので、最初から見つからないように立ち回るようにしましょう。そのためには、チェーンソーの音をよく聞くことが重要です。

このゲームは音の奥行きがよく穂湧現されているゲームなので、音の遠近が測りやすいです。

相手がステルス系のアドオンやパークを付けていなければ、音は聞きやすいキラーなので接近してきたらまず隠れましょう。

隠れる直前は、絶対に走ってはいけませんよ。

直線で逃げない

ヒルビリーのチェーンソー移動は、基本的に直線しか移動できません。

なので、ジグザグに逃げることができれば、チェーンソー攻撃は回避できます。

窓枠などを活用して上手いことチェイスすることでタイミングをみて撒くことも可能です。

パレットの周りでチェイスを行う

どのキラーにも共通することですが、パレットの周りでチェイスを行うようにしましょう。

ヒルビリーのチェーンソーは、パレットを高速破壊することができますが、チェーンソー移動時にパレットを直接当てることでスタンを狙うことができます。

スタンを取ることができれば、チェイスを有利に行うことができます。

対ヒルビリー向けオススメサバイバーパーク

Light weight(身軽)

自分の足跡が残っている時間が1・2・3秒短くなる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

ヒルビリーが急接近してきたときに足跡を素早く消すことができるパークです。

焦って走ってしまってもすぐに足跡が消えてくれるので便利ですね。

Technician(テクニシャン)

自分が発電機修理中の雑音範囲を0・4・8m減少させる
更にスキルチェック失敗時に30・40・50%で発電機の爆発を防ぐ
ただし、爆発は防いでも進行度減少のペナルティは通常通り発生する

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

移動スピードの速いヒルビリーは、発電機の周回スピードも自ずと速いです。

それなので、発電中に急襲されることが多々あります。

チェーンソーの音を聞き逃さないためにも、このパークは有効です。

まとめ

ヒルビリーは、使用率が割と高いキラーですので、今回紹介したような内容を参考にして自分なり戦略を考えてみるといいと思います。

いろいろ試してみて、自分なりのプレイスタイルを確立していくこともこのゲームの楽しみだと思います。

最新動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.