YouTubeチャンネル(ここをクリック)

【DBD】キラー対策講座!第13弾「対スピリット」編!【デッドバイデイライト】

こんにちは、サインゼロ(@sine_zero)です。

今回は、日本製キラーのスピリット対策講座です。

今までのキラーを全て押しのけるような独特な能力が特徴なキラーです。

スピリットの主な戦略

スピリットの主な戦略は、「山岡の祟り」と呼ばれるサブ装備を使い、肉体をその場に残したまま幽体離脱し高速移動することで相手に奇襲をかけます。

「山岡の祟り」の使用中は、サバイバーを視認することができなくなり、血痕を見ることもできません。

基本的に見えるのは「足跡のみ(アドオンで見ることもできる)」なので、足跡を見つつ先読みする必要があります。

徒歩キラーであるものの「ナース」のような先読みが要求されるので、上級者向けであることは確かです。

加えて、「山岡の祟り」の使用中には、心音が消えますので、パークとの相性が大きく影響するでしょう。

スピリットの主なパーク構成

スピリットは、「遠距離索敵パーク」と相性が良いです。

Hex:Ruin(呪術:破滅)

トーテムの1つに呪いが付与される(他パークと合わせて最大:4つ)
2・3・4人の生存者に発電機の修理に以下のペナルティを与える
ただし、この効果は付与された呪いのトーテムがある間持続する(※)

・Goodチェックの場合は発電機のゲージを5%減少する
・Greatチェック時の発電機のゲージ加速を無くす

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

発電機スキルチェック難易度が上昇し遅延を付与するハグの固有パークです。

これから後述するスピリットの固有パーク「霊障の地」があるおかげで、かなり「破滅」が長生きできるようになりました。

ヒルビリー」や「カニバル」のようにバタバタ倒せるようなキラーではないので、発電機遅延パークはあった方が勝率が上がります。

合わせて読みたい
呪いのトーテムとは??

Hex: Haunted Ground(呪術:霊障の地)

呪いのトーテムを2個生成する。
いずれかの呪いのトーテムが破壊されると、全ての生存者に40・50・60秒間の無防備状態を付与する。
もう片方の呪いのトーテムは即座に通常トーテムに戻る。

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/233.html

効果が付与された呪いのトーテムが破壊されたタイミングから一定時間ノーワン状態を付与するスピリットの固有パークです。

「破滅」との相性がよく、「山岡の祟り」で高速移動できるスピリットとも相性がいいです。

「霊障の地」の呪いのトーテムが破壊されると、効果発動の通知やパークが光るので、そのタイミングで破壊通知の場所へダッシュすることで、とりあえず1人は倒せます。

現環境では、このパークを怖がって呪いのトーテムを破壊してくるサバイバーが少ないので、「破滅」対策にもなります。

Tinkerer(ガラクタいじり)

発電機の修理ゲージが85%になる度に効果発動
該当の発電機が強調表示される。
更に殺人鬼の心音が8・10・12秒間、消失する。

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

発電機の修理が完了間際になると、その場所が通知され、心音距離が一定時間消失するヒルビリーの固有パークです。

「山岡の祟り」の使用中には、サバイバーを視認できない代わりに高速移動ができます。

発電機の修理完了間際のサバイバーは、油断してることが多いので、一気に距離を詰めて奇襲をかけます。

このパークの代わりには、「バーベキュー&チリ」もオススメです。

Make Your Choice(選択は君次第だ)

フック救助成功時に48・40・32m以上離れてる場合、効果発動。
フック救出を行った生存者を一撃で這いずり状態にする。
ただし、このパーク効果は60秒の時間制限がある

発動すると、効果の再使用までに60秒必要。

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

フック救助を行ったサバイバーを一定時間ノーワン状態にするピッグの固有パークです。

これも「ガラクタいじり」同様に遠距離から奇襲をかけるためのパークで、速攻ダウンを量産するために有効なパークです。

高速移動ができるスピリットと相性がいいパークになっています。

対スピリットへのサバイバー側の立ち回り

スピリットへの効果的な立ち回り方法は、こちら。

  • 足跡を残さない
  • パレット勝負はなるべくしない
  • 窓越えを多用する

足跡を残さない

「山岡の祟り」の使用中に視認できるのは、基本的に「足跡」だけなので、足跡はできるだけ残してはいけません。

チェイス時には、どうしても走ると足跡が付いてしまうので、その際にはなるべく直線に走らないようにしましょう。

足跡を散らすことで相手を撹乱することができます。

パレット勝負はなるべくしない

パレットの周りを走り続ける「板グル」という戦法を過信しすぎないほうがいいです。

幽体離脱をした際に肉体をその場に残す能力がありますが、その肉体には当たり判定があり、パレットの場所で「山岡の祟り」を使用されると、肉体に進路を妨害される可能性があります。

肉体に進路を妨害されると、こちらが大きく不利になるので、相手の動きや周りの進路を見つつ、パレットを使っていく必要があります。

窓越えを多用する

このキラーは、他のキラーとは異なり、珍しく窓越えが有効に働きます。

「山岡の祟り」の使用中は、障害物を通過できないので、スピリットは回り込む必要があります。

特に小屋や建物の窓は、かなり強いのでオススメです。(逆に窓越えが先読みされるときついです)

対スピリット向けオススメサバイバーパーク

Light weight(身軽)

自分の足跡が残っている時間が1・2・3秒短くなる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

足跡の消える時間が早くなる共有パークです。

足跡がサバイバー側の大きなペナルティになるので、早めに消すことができるこのパークは、便利です。

Urban Evasion(都会の逃走術)

しゃがみ状態での移動速度が90・95・100%上昇
(Lv3でしゃがみ速度が歩き速度と同じとなる)

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

しゃがみ状態の移動スピードが上がるネアの固有パークです。

足跡を付けずに素早く移動するためのパークです。

キラー対策講座まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA