ゲーム実況チャンネルはここをクリック

【DBD】キラー対策講座!第18弾「対デススリンガー」編!【デッドバイデイライト】

dbd デススリンガー 対策

画像出典 https://steamcdn-a.akamaihd.net/steam/apps/1251000/ss_6aa91713a97ac5c556e363f38a09a762f2b9f8c4.jpg?t=1583858351

こんにちは、サインゼロ(@sine_zero)です。

今回は、キラー対策講座の第18弾「デススリンガー対策講座」です。

遂にエイムしてシューティングする能力のあるキラーが出てきました。

デススリンガーの主な戦略

dbd デススリンガー 立ち回り

画像出典 https://steamcdn-a.akamaihd.net/steam/apps/1251000/ss_8e2f50a98014ee8666471fd56b35cf53e5adda05.jpg?t=1583858351

デススリンガーの主な戦略は、スピアガンと呼ばれる発射式の槍を使用して、サバイバーを捕まえます。

発射された槍が刺さったサバイバーは、身動きが取れなくなり、リールを巻きとられることでキラー側に手繰り寄せられます。

槍が刺されると、深手状態のステータスが付与されます。

かなり強力な能力ですが、発射された槍の当たり判定は非常にきわどく、少しズレただけでも不発となります。

詳しい能力

デススリンガーの創意工夫によって生み出されたハイブリッドライフル。
従来の弾薬をチェーン付きの鋭い銛に置き換え、大幅な改造を加えたこの唯一無二の発明品で懸賞首を引き寄せる。

能力ボタンを長押しすると照準をのぞき込む。
攻撃ボタンを押すと銛を発射し、銛が刺さった生存者は意思に反してデススリンガーのもとへとたぐり寄せられる。

引き寄せる:贖い主によって銛が突き刺ささった生存者は、能力ボタンを押して自分のほうへと引き寄せることができる。
生存者は鎖と格闘したり、周囲の物で鎖を圧迫して壊そうと試みたりする。
これらが実行されるとデススリンガーは少しの間怯み、生存者は負傷状態に陥いって深手のステータス効果が付与される。
銛が刺さった生存者に通常攻撃を使うと鎖は壊れるが、その際にデススリンガーと生存者にペナルティは付与されない。
銛が刺さった無傷の生存者に通常攻撃が命中した場合も深手のステータス効果が付与される。

リロード:贖い主は毎回発射するたび、もう1発撃つためにはリロードする必要がある。
アビリティ発動のボタンを長押しすると贖い主をリロードする。

引用 https://w.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/351.html

デススリンガーの主なパーク構成

デススリンガーは、探索パークと負傷系パークと相性が良いです。

Barbecue & Chili(バーベキュー&チリ)

生存者をフックに吊るすと効果発動。
吊るしたフックから40m以上離れている生存者を4秒間可視表示する。
また各生存者を初めて吊るすと専用ポイントを1個取得する。(最大2・3・4個)
1個につき最終獲得BPが25%増加する。 (最大:50・75・100%)

引用 https://w.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

フックに吊るした後に一定距離外にいるサバイバーを可視表示させるカニバルの固有パークです。

遠距離攻撃が得意なデススリンガーなので、遠くのサバイバーが可視化できると便利でしょう。

大体のサバイバーの位置がわかれば、後はスピアガンを当てるだけです。

Sloppy Butcher(ずさんな肉屋)

生存者に攻撃を与えると効果発動
生存者の出血痕が残る頻度が少し・普通・大きく上昇
更に重傷状態(治療速度-20%)を付与する。
この重傷状態は治療を終えると解除される。

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

負傷させると、血痕が残りやすくなり、回復にも時間がかかるようになる共有パークです。

デススリンガーの能力で深手状態が付与できるので、組み合わせると結構厄介な攻撃になります。

「血の追跡者」と組み合わせると、さらに強くなるでしょう。

Thanatophobia(死恐怖症)

全ての生存者は負傷・瀕死・フックに吊られている生存者の数に応じて、アクション速度にペナルティを受ける。
ペナルティは一人当たり3・3.5・4%、最大4人分で12・14・16%。

引用  https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

負傷者を増やしていくことで、サバイバー側の作業効率を落とすことができるナースの固有パークです。

現環境は、発電機の修理が速いので、申し訳程度に搭載しておくと良いかもしれません。

先ほどの「ずさんな肉屋」と組み合わせることで、さらに強さを発揮します。

Brutal Strength(野蛮な力)

木板と発電機を破壊する速度が10・15・20%上昇する

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

パレットや発電機を破壊する速度が上がるトラッパーの固有パークです。

デススリンガーの能力は、パレットが最大の敵になりそうなので、搭載する人は結構いる印象です。

パレットの破壊速度を速くして、距離を取られる前に捕まえる戦法です。

対デススリンガーへのサバイバー側の立ち回り

dbd デススリンガー 対策

デススリンガーへの効果的な立ち回りは、下記のとおりです。

  • 障害物に隠れる
  • 直線で逃げない
  • 距離を取る

障害物に隠れる

基本的に障害物があれば、スピアガンを当てられることはありません。

ただ、パレットを間に挟んだ状態では、普通にスピアガンが当てられてしまうので、注意です。

マップの地形を上手に使って、視線を切る形を作りましょう。

直線で逃げない

デススリンガーとチェイスになったら、なるべくパレット等で周回しましょう。

スピアガンは、直線で発射されるので、直線で逃げてしまうと簡単に当てられてしまいます。

周りに周回できそうなオブジェクトが無い場合は、せめてジグザグに逃げましょう。

距離を取る

スピアガンを当てられないために一番良い方法は、距離を取ることです。

スピアガンの最大発射距離は、18mに設定されています。

なので、それ以上離れておくと絶対当たらないので、なるべく距離を取るようにしましょう。

対デススリンガー向けオススメサバイバーパーク

Spine Chill(凍りつく背筋)

36m内にいる殺人鬼がこちらを向いている場合、パークが反応する。
反応している間、修理・治療・解体速度が2・4・6%上昇する。(※)
代わりにスキルチェック発生確率が10%上昇・成功範囲が10%減少する。
※実際は表記以外にも様々な行動が加速する。(「凍りつく背筋」の効果適応範囲(英語wikiから):修理・破壊・治療の他、フック救助&脱出、窓枠板の乗り越え、箱の調査、脱出ゲート開放、トーテム破壊、ジグソウボックスの調査、狂気の解消にも適応される。なお瀕死状態での回復には適応されない。)

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

一定距離以内にいるキラーが自分の方向を向いているときに通知する共有パークです。

早めに接近に気づくことができれば、スピアガンを一番回避しやすい「距離を取る」が可能になるので、このパークはおすすめです。

「全力疾走」と組み合わせることで、さらに素早く逃げることができます。

まとめ

デススリンガーの対策は、上記のとおりです。

個人的にかなり好きなキラーですが、相手にするとちょっと厄介なキラーだと思います。

スピアガンをいかに回避できるかで勝率が変わってくると思います。