DBD生配信はこちら!

【DBD】キラー対策講座!第2弾「対レイス」編!【デッドバイデイライト】

前回に引き続き「キラー対策講座」を解説していきます。第2弾は「レイス」。

主な内容は、前回に引き続きです。

  • レイスの主な戦略
  • レイスの主なパーク構成
  • 対レイスへのサバイバー側の立ち回り
  • 対レイス向けオススメサバイバーパーク

レイス対策講座

レイスの主な戦略

レイスの主な戦略は、自身を透明化することでサバイバーに気づかれず接近し、奇襲を仕掛ける立ち回り方法です。

トラッパー同様、初心者向けのキラーとなっており、操作も比較的簡単です。

低いランク帯ではそこそこ強いキラーですが、高ランクになるほど少なくなってくるキラーです。

高ランクでは、かなり奇襲になれている方が多く、姿が見えなくても足音や草の揺れる音で気づかれてしまいます。

操作が簡単な代わりに、対策も簡単なキラーです。

 

レイスの透明化を強化するためには、強力なアドオンで補強する必要があります。

特に「全能視」は、透明化状態で近くのサバイバーのオーラが見えるようになります。

これを利用しつつ「暴風」などで透明化解除時のタイムロスを軽減し、サバイバーを捕まえます。

レイスの主なパーク構成

Bloodhound(血の追跡者)

生存者の血痕を発見しやすくなり、血痕が残る時間が2・3・4秒増える

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

私がレイスを使う時に高確率で付けているパークです。

サバイバーを負傷させれば、「弱音はなしだ」という特殊なパークでない限り血痕が残ります。

血痕さえ残れば、こっちのものなので、しつこく追跡しましょう。

もしくは透明化で追いかけて「セルフケア」で治療し始めたら透明化解除で追撃します。

Shadowborn(闇より出でし者)

視野が9・12・15%明るく広くなり、より遠くまで見渡せるようになる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

視野が開放的になり、サバイバーを視認しやすくなるパークです。

固有パークでもあるため、レイスとの相性が良いパークになっています。

レイスはいかに索敵を効率化して、見失わないようにするかが大事です。

そのためには、このパークをつけておくとチェイスに便利です。

Barbecue & Chili(バーベキュー&チリ)

生存者をフックに吊るすと効果発動。
吊るしたフックから52・46・40m以上離れている生存者を4秒間可視表示する。
また、各生存者を初めて吊るすと専用ポイントを1個取得する。(最大:4個)
1個につき最終獲得BPが15・20・25%増加する。 (最大:60・80・100%)

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

フックに吊るした瞬間に一定距離離れたサバイバーを索敵します。

透明化したときの移動スピードは、通常のキラーより速くなるので、遠くのサバイバーの場所にも急行しやすいです。

透明化したときは、脅威範囲の心音が聞こえなくなるので、「バーベキュー&チリ」で索敵しても逃げられることが少ないです。

サバイバーを満遍なく索敵し、全吊りを目指す人には必須なパークです。

No One Escapes Death(誰も死から逃れられない)

発電機修理を終えて、ゲートの電力が入ると効果発動
攻撃の再使用速度が4・8・8%上昇・移動速度が3・4・4%上昇
PERK:Lv3のみ、一撃で這いずり状態にできる

発動すると、通常トーテムの1つが呪いのトーテムに変化。
既にトーテムがない場合はパーク効果は発動しない。
この効果は付与された呪いのトーテムがある間持続する(※)
通称:ノーワン

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

奇襲をかけるタイプのキラーには、効果的なパークです。

通電後に悠々とゲートを開けているサバイバーを狙います。

ゲート周りには、障害物が少ないためほぼ確実にワンダウンを取ることができます。

Predator(捕食者)

生存者の足跡が残っている時間が1・2・3秒増える

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

「血の追跡者」の補強に使うと便利なパークです。足跡の追跡が容易になります。

必須級というほど必要なパークではないですが、透明化のタイムロス時にサバイバーを見失いやすいので、その理由で付けている人はたまにいます。

能力的にはそこそこ強いので、逃げるときには足跡を付けないようにしなければいけません。

対レイスへのサバイバー側の立ち回り

レイスへの効果的な立ち回り方法は、こちら。

  • なるべく物陰を歩くようにする
  • 透明化状態でも姿が見えたら距離を離す
  • 治療はパレットの近くで行う

見つかったら面倒なキラーなので、なるべく隠密に特化した立ち回りをしましょう。

なるべく物陰を歩くようにする

これは、レイス側に「全能視」があると逆効果になる場合があるので注意です。

もし「全能視」が搭載していないようであれば、岩や木々をうまく盾にして隠密しましょう。

隠れる際には、足跡をつけないようにしゃがみながら移動すると見つかりにくいです。

透明化状態でも姿が見えたら距離を離す

透明化状態でも相手が移動していると、草が揺れたり、空間にゆがみができる場合があります。

それらが見えたら、なるべくレイスから距離を離しましょう。

「全能視」が付いていた場合には、隠れていても近くのサバイバーのオーラが見えてしまいます。

「暴風」が付いていた場合にも透明化解除直後に加速し、一気に距離を詰められる要因にもなるので、見つけ次第見つからないように距離を離しましょう。

治療はパレットの近くで行う

「セルフケア」などで治療を行う場合には、パレットの傍で治療を行うようにしましょう。

治療中に奇襲をかけられると、逃げ切れる確率は格段に低下します。

「来たらパレットで怯ませるぞ」くらいの意識で治療を行うといいと思います。

対レイス向けオススメサバイバーパーク

Light weight(身軽)

自分の足跡が残っている時間が1・2・3秒短くなる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

このパークは、足跡を軽減する隠密向けのパークです。私はよく搭載しています。

足跡がキラーに見つかる大きな要素になるので、特にレイス相手には効果的なパークです。

共有パークなので、どのサバイバーでも取得することができます。

Premonition(予感)

前方12・24・36m内に殺人鬼がいる場合、音で知らせる
再使用までに60・45・30秒のディレイが必要

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

キラーの接近を通知してくれるパークです。

レイスが透明化していたとしても関係なく発動してくれる優れもの。

いち早く接近に気づくことで、すぐに隠密することができます。

「レイス」や「フレディ」のような透明化キラーが苦手という方にオススメなパークです。

Spine Chill(凍りつく背筋)

12・24・36m内にいる殺人鬼がこちらを向いている場合、パークが反応する
反応している間、修理・治療・解体速度が2・4・6%上昇する
代わりにスキルチェック発生確率が10%上昇・成功範囲が10%減少する
通称:猫

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

これも「予感」と同じくキラーの接近を知らせてくれるパークです。個人的にはこちらの方がオススメ。

「予感」は再使用までのディレイがありますが「凍りつく背筋」には使用回数には無制限です。

その代わりスキルチェックの成功範囲減少などのペナルティがありますので、中級者向けです。

Sprint Burst(全力疾走)

走り出した3秒間の移動速度が150%になる
このPERK効果が発動すると60・50・40秒間は疲労状態となる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

一定時間移動速度が上昇するパークです。

透明化解除時に「暴風」で移動速度を加速してくるレイスに対抗するために、こちらも加速します。

一度距離を離して、隠密し直すこともできます。そのためには「身軽」を同時に搭載しておくと便利です。

Iron Will(鋼の意志)

負傷時、動かないでいると発する呻き声の大きさを50・100・100%少なくする
PERK:Lv3の場合、這いずり状態を除いて常に呻き声が出なくなる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/32.html

負傷時の呻き声を抑えるパークです。隠密で逃げ切る場合に役に立ちます。

しかし、血痕は残るためうまく草の多い茂みで隠しつつ、立ち回る必要があります。

まとめ

「キラー対策講座!第1弾「対レイス」編!」は、以上になります。

私自身、始めた当初「対レイス」が本当に苦手でした。こいつどっから来るんだで感じでしたね。

少しずつ対戦を重ねるうちにわかったことは、画面を明るくしてよく目を凝らせば、空間のゆがみが見えるようになるんですよね。

それさえわかれば、遠くからでもレイスを索敵することができます。

ぜひ、自分に合った画面設定と立ち回りでレイスに吊られることなく完封しましょう。

キラー対策講座まとめ

最新動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください