ゲーム実況チャンネル

【DBD】ジェフ固有パーク「ブレイクダウン」「アフターケア」「ディストーション」の性能評価【デッドバイデイライト】

dbd ジェフ

こんにちは、サインゼロ(@sine_zero)です。

「全サバイバーパーク性能評価」シリーズの第14弾「ジェフヨハンセンの固有パーク」です。

詳しい評価表は、前回記事のこちらをご覧ください。

ジェフヨハンセンの固有パーク

ブレイクダウン(Breakdown):評価 D

あなたがフックから脱出するか救出されると、そのフックは破壊され、殺人鬼のオーラが4・5・6秒間視えるようになる

引用  https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/255.html

このパークは、フックから救助された時に吊られていたフックを破壊するパークです。

主にキラー側のキャンプ行為に対して、対策手段として使われることが多いです。

しかし、個人的に効果が強いとは思いません。

他のキャンプ対策パークの「与えられた猶予」や「決死の一撃」が強すぎます。

積極的に搭載するパークではないと思います。

アフターケア(Aftercare):評価 B

dbd アフターケア

あなたは次の特定の生存者のオーラを視ることができる
・自分がフックから救助した、もしくは自分をフックから救助した生存者
・自分が治療を完了した、もしくは自分の治療を完了した生存者

彼らもまたあなたのオーラを視ることができる

最大1・2・3人分のオーラが視える
あなたがフックに吊るされるとすべての効果が失われる

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/255.html

このパークは、味方を救助・治療したり、自分が救助・治療されると、その味方のオーラが見えるようになります。

味方のオーラが見えるようになるパークには、「」や「共感」というパークが他にありますが、個人的にこのパークが一番強いと思います。

味方を救助する意識も高まりますし、オーラ可視化距離に制限がないので、味方の状況把握に適しています。

ディストーション(Distortion):評価 C

dbd ディストーション

トークンを3個持った状態で試練を開始する
パークは殺人鬼に自分のオーラが視られる可能性があるときに発動し、トークンを消費する
パーク発動中、6・8・10秒間自分のオーラと足跡が殺人鬼から視えなくなる
(トークンが無くなると発動しなくなる。またトークンが残っていても瀕死状態(ダウン・フック)や罠にかかった状態では発動しない)

引用 https://www65.atwiki.jp/deadbydaylight/pages/255.html

キラー側のオーラ可視化を阻害し、自分の姿を映さないようにできるパークです。

主に隠密重視のパーク構成をしたい方がよく付けているパークです。

バーベキュー&チリ等のパークやマイケルの傷ついた鏡等のアドオンにも効果があります。

初期トークンが3つあり、その数だけオーラ可視化を阻害できます。

トークンが少し少なめで心もとない部分がありますが、キラーに居場所を把握させないことは隠密にとって重要な要素なので、パーク枠に余裕があれば搭載するくらいでいいと思います。

まとめ

個人的に「アフターケア」が使いやすいパークだと思います。

パークが発動すると、チェイス中なのか、それとも修理中なのか、全ての状況がわかります。

味方が意思疎通の取れないサバイバーだったとしても自分の方から足並みを揃えることができるので、オススメだと思います。